きれいごとでいこう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『赤毛のアン』の舞台プリンスエドワード島へ 2017

<<   作成日時 : 2017/06/12 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


L.M.モンゴメリが1908年に発表した

『Anne of Green Gables』=『赤毛のアン』

2017年5月31日〜6月6日までの5泊7日で

物語の舞台,カナダのプリンスエドワード島に行って来ました!

30年来の腹心の友との、長年の夢でした。

画像














三つ編み付きのアンの帽子。買って帰りました(笑)。
画像























アンがマリラ&マシューと暮らしたグリンゲイブルス。
本に忠実に再現した家です。
画像
















素敵な偶然で、

私たちが訪ねた6月上旬は、アンが養護施設から

グリンゲイブルス(緑の切妻←家の名前)にやって来たのと同じ季節。

本に書かれている通り、りんごの花が満開で、新緑は輝き、

小川はさらさらと行儀よく流れていました。



この時期の気温は15〜18度。
革のジャケットを着る日もあれば、カーディガンで十分な日も。

画像















画像












画像





















画像
















地面はどこまでも赤く、海の波まで赤かった。

画像
















画像














赤い崖。リーゼントの横顔みたいですよね↓
この崖(目の上あたり)に座ってのんびりしました。

画像
















今まさに友だちとの長年の夢の中にいるんだなと思いながら、

お化けの森や恋人たちの小径を歩いたり、

モンゴメリのお墓や彼女が使っていたタイプライターを目にしていると、

物語なのか現実なのか分からなくなるような不思議な気持ちに。

想像以上に幸せなときを過ごしました。


画像

















トロントから飛行機で2時間。プリンスエドワード島(PEI)は、

鳥が翼を広げたような形をしています。

画像

















大好きなNY(左下)からも直行便がありました。2時間くらいかな。
画像

















PEIの広さは東京の3倍で愛媛県と同じ。人口は14万人。

アンが暮らした村のモデルであるキャベンディッシュと、

首都シャーロットタウンは車で40分離れていて、

日本の村と街が違うように、まったく異なる世界です。



最後の2日間はシャーロットタウンで過ごしましたが、

次に来るときはずっとキャベンディッシュにいたい。

食事やショッピングは不便だけれど、

どこもかしこも美しくて、歩くのも自転車をかっ飛ばすのも楽しい! 

キャベンディッシュは人も笑顔で優しく、

とてもとても立ち去りがたいところでした

(写真はすべてキャベンディッシュです)。


私たちのように、日本人女性はアンの世界を求めてPEIに来ますが、

実はその割合は少なくて、

観光客のほとんどを占めるアメリカと自国の観光客は、

美しい島のリゾートとしてここを訪れます。

世界一美しい島、と呼ぶ人もいるほどです。

画像




















夏は海水浴、秋は紅葉、真っ白な冬はオーロラが見えることもあるそうです。


10年後にまたね。そう約束しました。


*プリンスエドワード島での出来事はおいおいアップしていきます♪
 恋人たちの小径での出会い、自転車、雷雨の出来事、食べ物、
 ホテルシャーロットタウンインでの客室チェンジの出来事などなど。


旅人でジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • プロフィール
  • 『赤毛のアン』の舞台プリンスエドワード島へ 2017         きれいごとでいこう!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる