就職氷河期でも売り手市場?


NHKのヒューマンドキュメンタリー
「こうして8人が選ばれた」を観ました。

就職氷河期によって、
高学歴の学生が中小企業にもやってくるようになった、
と言われて久しいですよね。

この番組では、
そんな学生と中堅企業との駆け引きが取り上げられていました。

http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=6720110826

番組HPより
「就活人気の中堅企業の最終内定まで、
 1000人に及ぶ学生から8名を選び抜くプロセスに完全密着」



人材採用は、会社にとって非常に大事な仕事です。

この中堅企業の経営者は採用に熱心で、
一次面接から副社長とともに面接に当たります。

情熱がひしひしと伝わってきます。

でも、その情熱に接した学生の一人に
「ワンマン社長なのでは?」 なんて思われてしまう。

…むずかしいですね。


数社の内定が取れる学生と、
喉から手が出るほど優秀な学生が欲しい中小企業では、
力があるのは学生のほう。


番組では、お互いの力関係が顕著に描かれていました。


就職氷河期になったことで、
売り手市場(学生が強い)から、買い手市場(会社側が強い)になった、
と言われますが、番組を見る限りでは、断然、売り手市場です。

(売り手、買い手という言葉はあまり素敵じゃないですけれど)


登場した学生を見ていると、
「自分が会社にとってどう役立てるか」よりも、
「会社がどう自分を守ってくれるのか」
のほうに優先順位があるような気がしました。

でも、不安定な世の中だし、
育ってきた環境をかんがみると、仕方ないのかな。

とにかく、これが現実ならば、受け止めるしかないでしょう。


私は有名大学に行っていないし、そもそも大学に行ってなかった
会社には「入れていただく」という感覚で就職・転職してきたので、
番組を見て、「へー」という感じがありました。80へぇ(←古っ)

せっかく内定を出したのに、
学生から辞退された会社の社長さんは気の毒に見えたけれど、
この悔しさが、「どうしてもここに入りたい!」と
思ってもらえる会社になるための糧になればいいですよね。


そして! 一番大事なのは、入社した後。

会社は「この会社で働けて本当によかった!」と、学生から思ってもらえること、
学生は「この人が入ってくれて本当によかった!」と、会社から思ってもらえること、

就職活動も、採用活動も、
このためにあると言っても過言ではないと思います。


なので、紹介されていた会社と学生の間では、
「理念の共有」や「人柄」、「相性」があまり重視されていなかったことが
ちょっと気になりました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック