要介護 高齢者のための 「おとなの学校」


「目指せ!120歳、過労死!」

こんなモットーで活躍されている素敵な方に出会いました。



先週末、「サービス産業生産性協議会」の合宿に参加しました。

全国のハイサービス企業から130人が集まり、

9つの講演が組まれた充実の内容です。



最も感動したのは、小山敬子さんのご講演。

医師免許を持ち、高齢者介護の「ピュアサポートグループ」を経営されています。


取り組みの一つに「おとなの学校」があります。
http://www.ourakai.com/html/school_top.html


介護施設を学校に見立てて、毎日、算数や国語など、授業をするのです。

学校なので、制服、校歌、校章、スクールバスもあって、チャイムも鳴ります♪

「キ~ンコ~ンカ~ンコーン♪」と聞こえてくれば、

認知症が進んでいる方も、体が反応してちゃんと席につかれるそうです。

一日の授業は、集中力が続く30分が3回ですが、

通っているうちに、認知症が緩和される方も多いようです。


入学式も卒業式もあります。

卒業式に渡される通知表は、高齢者の時代を反映して「甲乙丙」。

でも! 渡されるのは全員、パーフェクトの「オール甲」です。



それじゃつまらないと思いますか?



もう、競わなくていいんです。

十分、がんばってきた方々です。

「おとなの学校」でさらにがんばったのですから。もういいんです。



それに認知症が進んでいるので、そこまで分からないのです。

けれども、人って、褒められるのはうれしい。それだけは変わらない。



制服のブレザーを着て、車椅子に乗ったおじいさんが、

オール甲の成績表を愛しそうにじっと見つめている写真ーー、

長い人生きっといろいろあって…、だけど最後にもらった成績表はオール甲。

うまく表現できないけれど、なにかこう…、目頭が熱くなりました。



在学中は、褒めて褒めて、ひたすら褒めまくるそうです。

それが、介護をラクにする方法だと小山さんは説きます。

「もういいじゃないですか」と。

「褒めてあげることで、人生最後までプライドを持って生きられる」と。



ああそうだなあと、とてもとても、心に残りました。



卒業式で歌う「あおげば尊し」は、みな涙、涙だそうです。

一緒に来た家族やお嫁さんも、「よかったね」と涙する。

すると、介護がちょっとラクになる。

デイサービスの場合は、何度でも入学・卒業ができます。



熊本で誕生した「おとなの学校」。

東京・南青山にも姉妹校ができました。

フランチャイズでどんどん増やし、高齢者が意欲を持てる場を日本中に

つくっていきたいとしています。



何十年も生きてきて、いまさら、チーチーパッパなんて歌いたくない。

至れり尽くせりの介護で、ボケを進ませるのもよくない。



すべての人に共通し、郷愁を誘う「学校」という場を、

介護の世界に持ってきた発想が素晴らしいですよね!


「おとなの学校」というビジネスモデルが広まることを願います。

私は現在取材をさせていただいて、

自分の仕事を通してお役にたてたらと思います。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした!


↓今日、アマゾンから届いて読み始めました。
  とてもいい本。お勧めです。

介護がラクになる「たったひとつ」の方法
サンマーク出版
小山敬子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 介護がラクになる「たったひとつ」の方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック