行動観察のセミナーに行ってきました


今週はいろいろな場所で、いろいろな方にお会いしました。

その一つは、「行動観察」のセミナーです。

アメリカで生まれた手法で、

日本ではこれから脚光を浴びていくんじゃないかなと思います。


名前のとおり、人の行動を「観察」することで、

本人すら気づいていない「潜在ニーズ」や「行動」を見つける手法です。


画像















たとえば「トイレの後に手を洗いますか?」と聞けば、
全員が「はい」と答える。

でも実際にトイレで何時間も観察していると、
洗わない人が結構いたりするそうです\(◎o◎)/!

「社会通念によるバイアスを排除できる」のも行動観察の特徴。



また、ある会社では、仕事がはかどらないことが問題で、

「上司がやたら話し掛けてくるからだ」と思う人が多かった

でも、実際にビデオカメラをずーっと回して(了解の上で)観察すると、

上司に話し掛けられて仕事が中断する時間はほとんどなかった。

思い込んでいただけなんですね。

実際は電話やメールで、仕事が中断していました。

そこで「集中室」を会社の中につくって成果を出したそうです。




このように、観察したことは「事実」だから、

それを表にしたり映像を見てもらうことで

現場の人が自ら気づき、実践し、よりよくしていく。



商品開発などにも使われています。

日本でのパイオニアは、

大阪ガス行動観察研究所の松波晴人さん。

お話、とても興味深かったです。
http://www.kansatsu.jp/observation/index.html



ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)
講談社
松波 晴人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック