命懸けでトイレに行く人々のお話


大田区の印刷会社「金羊社」さんの「いろは展」に行ってきました。
http://www.kinyosha.co.jp/news/index.html
機械の見学やカードを手作りするなど印刷の魅力が伝わるもので、
社員のご家族や地元の方々が3日間で約4万人も集います。
とっても楽しかった!(^^)♪


写真は、そこでブースを出していらしたペオ・エクベリさんです。

環境コンサル&環境ジャーナリストで、

バナナペーパーの生産と普及に力を注がれていらっしゃいます。
http://www.oneplanetcafe.com/paper/product.html
画像


















エクベリさんのお話をひとつご紹介します。

バナナペーパーの原料、バナナの茎から繊維を抽出する

アフリカ・ザンビアの村では、

夜、トイレに行くのは命懸けでした。


ちいさなロウソクしかないので、灯りも乏しく、

サソリや毒ヘビに刺されて死んでしまう人がいました。

同じ時代の、同じ人間の中に、

命懸けでトイレに行く人がいるのですね…。



でも、バナナペーパーで仕事とお金を得た人は、

周囲をしっかり照らしてくれるライトを自分で買うことが出来ました。

15ドルのライト。

もう、命懸けでトイレに行かなくてよいのです。


エクベリさんはおっしゃいます。

寄付ではなく、自分のお金で買うことが大切だということ、

また、情けではなく商品品質で買ってもらうことが

持続可能性には不可欠
だということ。

その通りだなと共感しました。被災地にも共通することですね。


ザンビアの村では、近々、現地に工場をつくる予定だそうです!


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした♪




顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 命懸けでトイレに行く人々のお話 きれいごとでいこう!/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-03 17:14