モクモク手づくりファームが東京初出店


年間50万人。日本一 集客する農業生産法人

「モクモク手づくりファーム」(三重県伊賀市)が
http://www.moku-moku.com/
今日4月25日、いよいよ東京に初進出します。

(下のほうで↓お店の紹介しています)

モクモクは、ウィンナーの手作り体験を全国に広めた会社。

9年前に取材し、拙著でも紹介させていただいた会社です。

昨日、出店先の「東京ミッドタウン」で出店記念パーティがありました。


社長はお二人。木村修さんと吉田修さん。

“ダブルおさむ”さんの挨拶は、まるでベテラン漫才のような面白さです。

「木村はパーキンソン病、吉田は脳梗塞になりましたが、

かえって業績が上がりましたのでご安心ください」。

笑えなかったはずの一大事を乗り越えて、笑いに変えてしまう。

会場のみなさんと一緒に笑いながらも、「すごいな!」と感服でした。

画像



















東京店は、テークアウトとイートインコーナーの小さなお店ですが、

「東京にのろしを上げる」ということで、

三重県知事と副知事、地元市長、4つの銀行・信金のトップが列席。

一人ひとりが檀上で祝辞を述べられます。

ご想像通り、こういうときって、本当に退屈しちゃうんですが…。


ところが!  先ほどの木村さん吉田さんの話で会場が温まっており、

さらに、モクモクの社員で司会進行のお二人もとっても面白くて、

堅苦しい雰囲気が全然なく、楽しめました。珍しいことです。


司会のお二人、最初、地元の芸人さんかなって思っちゃいました。
画像
















「続きまして、金融関係のみなさまにご登場いただきます。

 順不同という名の、“借り入れの多い順” でございます」 とか、


すごい笑顔で 「短めにお願いいたします」とか、


「渡された原稿をそのまま読み上げますが、
 
 『今後も長期・低金利のご融資、お願いします』と書かれています」


とか、そこここで笑わせてくれて、うまいな~と感心してしまいました。

会場は終始、“仲間同士”というようないい雰囲気でした。


司会者は、お祝いの言葉が終るごとに、笑顔で檀上に戻り、

「拍手をお願いいたします」と言うので、拍手がちゃんと起きる。

こういう細かな配慮って大事だな、とこれも勉強になりました。


沖縄からも仲間が集まって大盛況。

歌あり、じゃんけん大会あり、おもてなしの心が行き渡る会でした。
画像















こちらが、モクモクの東京ミッドタウン店です。
テークアウトとイートインができます。
画像













おかずが選べるランチボックスもありますよ。
画像

















質を重視するモクモクは、目の届かない東京には出さない予定でしたが、

三重県が日本橋に営業拠点を構えるので、それを面で支える意味や、

通販のお客さまの強いリクエスト、通販客の拡大を目指して、

レストランではなく、物販とイートインなら良いだろうということで、

このたびの東京初出店になったそうです。


モクモクの大人気商品、ウィンナー。
画像















東京ミッドタウン店は、17坪。
平均来店客数1日300人。客単価1000円を見込んでいます。
年間売上高の見込みは1億円。
画像















地麦パンや牧場ジェラートなども美味しいです。

画像







東京ミッドタウンに行かれたら、寄ってみてくださいね♪ 
ガレリアB1です。


昨夜、Facebookでモクモク東京進出をアップしたら、

全国のFB友だちから大きな反響があって、人気ぶりを再確認しました。



<おまけ>
会場にサンコンさんがいらしていました。優しい方。ミーハーしちゃった(^^)v
画像













ジャーナリスの瀬戸川礼子でした♪
モクモクを紹介している本はこちらです。

顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック