上善は水のごとし


月1回の「老子講座」に行ってきました。

教えてくださるのは田口佳史先生です。


今日は、81の心得しか残っていない老子の中で、

たぶん一番有名な 「上善若水~」(上善は水のごとし)

が回って来ました。


画像













老子 【易性第八】

上善若水。
水善利萬物而不爭處衆人之所惡。
故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。
夫唯不爭、故無尤。



「最高の善というのは、水のようである。

水は万物を助け、争わず、人々が嫌がる低いところへ率先して行く。

これは“道”(タオ)に近い働きだ。

住むところを善いところと思い、心は淵のように深く、人と親しく交流し、

誠実な言葉を使い、正しく社会を治めようとし、

人々の能力を存分に発揮させ、

必要なタイミングで活動できるように計らう。

それをひとことで言うなら、つまり争わないということだ。

水のようにしなやかに滑らかに在ればよいのだ」



人間の7割は水。

地球も7割が海。

ぐるっと水に囲まれた島国の日本は、

水に恵まれている一方、水に痛めつけられることもあります。

でもそれさえ、水が何かを教えようとしているように思えてきます。

どうでもいいけど、瀬戸と川で10割が水の私は、

それにしちゃあ学びが浅いことを恥ずかしく思う午前でした。


瀬戸川礼子でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック