きれいごとでいこう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 門司の出光美術館で触れた出光佐三の「人間尊重」

<<   作成日時 : 2018/07/22 17:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


門司港に行ったらやっぱり「出光美術館」へ。
http://s-idemitsu-mm.or.jp/

2階と3階は美術コレクションの展示で

こちらも見応えがあるのですが、

琴線に触れたのは1階の史料室でした。


『海賊と呼ばれた男』はもちろん読みましたが

あの感動が再び波のように押し寄せてきます。


画像






















「人間というものはお互いに仲良くして、

力を合わせていくということで、

それが人間の尊厳であり、

平和のもとであり、

美しさだと思います。

私はそれを人間尊重といっているわけなんです」




画像






















画像























一つ一つの史料を見るたびに、

創業者・出光佐三さんの

人や国を想う心に触れ、

ぐっと熱く込み上げるものがありました。


<5つの憲法>

人間尊重

大家族主義

独立自治

黄金の奴隷たるなかれ

生産者より消費者へ


画像
















画像






















大家族主義の通り、誰も首にしませんでした。

画像

























何もかも失った終戦のわずか2日後、

社員に向けて呼びかけた言葉は――、

画像






















一、愚痴をやめよ

二、世界無比の三千年の歴史を見直せ

三、そして今から建設にかかれ



画像

























史料室には30分の映画上映室もあって

ここでは年配の男性が数人、見入っていました。

そのブースから、ゴホン、ゴホンと

風邪っぽくない咳が何度も聞こえてくるのですが

これはきっと、感動の涙をこらえるためでしょう。

なぜそう思うかというと、

私も講演で感動ムービーを流すと、

同じ現状が起こるからです(*^^*)


もし将来、

ベテランの男性が感動で泣けるようになったら、

その下に就く人たちも

「素直に感動していいんだ」って

気付きやすくなるんだけどなあ☆.。₀:*゚✲゚*:☆



画像

























画像























画像























画像

















画像






















昭和56年、満95歳で出光佐三が天に召されたとき

増上寺には1万人を超える参列がありました。


そして、昭和天皇はこのように詠まれました。

「国のため ひとよつらぬき 尽くしたる

 きみまた去りぬ さびしと思ふ」


画像























画像






















「幸せのヒントをお届けする」
この使命をもって、私は私にできることをしよう、
そう改めて誓った瀬戸川礼子でした。


【おまけ】

2018年夏 北九州の旅、下記もどうぞ♪

・門司港の夕映え編
http://76653926.at.webry.info/201807/article_9.html

・宗像神社編
http://76653926.at.webry.info/201807/article_10.html

・御宿はなわらび編
http://76653926.at.webry.info/201807/article_11.html

・料亭旅館 「伯翠庵」 編
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newscaredisplay.do

・門司海峡と日本島の断崖絶壁 編
http://76653926.at.webry.info/201807/article_13.html




「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • プロフィール
  • 門司の出光美術館で触れた出光佐三の「人間尊重」         きれいごとでいこう!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる