「次世代を担うIT変革リーダー養成塾」で講演しました


2019.3.12

(一社)企業研究会が主催し、

寺嶋一郎さんが塾長を務められている

「次世代を担うIT変革リーダー養成塾」

で講演でした。


大手・中堅企業の、IT部門から

リーダーや次期リーダーが参加されています。



会場は表参道アイビーホール
画像























画像
























講演テーマは拙著と同じ

『いい会社のよきリーダーが大切にしている7つのこと』

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






この塾は6回シリーズで、

1~5回はIT分野に長けた講師の方々がご登壇。



その最終回に登壇しました私は

ほとんどが右脳の話。内面の話。


画像
















反応が気になりましたが、

パフォーマンス(結果)を高めるのに必要なのは、

知識よりも、キャリアよりも、管理制度よりも、

のびのびと発言や行動ができる

「心理的安全性」であるという話や、

むやみに率先垂範しないほうがいい話など、

受け入れていただきよかったです。



何人かの方が、

「感動しました」、「心に響きました」

と、思いを伝えに来てくれました。



懇親会は乾杯だけで失礼しましたが、

「IT分野から最も離れていたが、最も心に響いた話だった」

「明日から職場で少しづつ実践していきたい」

という声があったと、

後で事務局の方がメールで教えてくれました。


みなさまありがとうございます。




コンピューターは0と1で成り立つ世界ですが、

ITを動かす人間の世界は、白と黒だけではなく、

カラフルで多様性あるもの。

ときには、画面の前から抜け出して、

人間が作り出すアートに触れ、感性を育ててください。



日本人なら誰でも知っているIT企業の採用担当者に

以前、取材で会ったとき、

「理系より文系の人がほしい」と言っていました。



頭と心が柔らかく、人間力のある人のほうが

後々伸びるから、という意味でした。



理系は硬く、文系は柔軟だという

その発想自体が固定概念であり、硬いんですが(笑)、

「頭と心が柔らかい人が伸びる」というのは同感です。



よりよい変革のリーダーとして、人間力をどんどん高める機会が

公私ともにさまざまありますように。



講師の私も、これからも

「始まりは、自分から」の精神で

声が枯れるまで伝えてまいります。

ご縁をありがとうございます。


講師の瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック