登別温泉「花鐘亭 はなや」で女将の山口紋加さんインタビュー


2019.7.18

この日、北海道は登別温泉の

「花鐘亭 はなや」さんに滞在しました。

100%源泉かけ流しのアットホームな宿で、

女将の山口紋加(あやか)さんインタビューです。

インバウンドのゲストも多く、

オーストラリアの大学を出られた

紋加さんの語学力が生かされています。



女将で代表取締役社長の山口紋加さん(右)と



5年前にフロントスタッフとして入社した紋加さんは、

この7月に代表取締役に就任されました。

社員から社長へ。珍しい事例にまた出合えました。

少しずつ少しずつですが、

旅館業でも多様性が進んでいることを実感します。




登別温泉の中心地から少し離れた静かな宿です




紋加さんは二児のお母さんでもあり、

その忙しさは私の想像を超えます。

前例をつくる役目も担っていらっしゃるのです。


実は、取材が始まってから、

10日前に実のお母さまが亡くなられたとうかがいました…。

そんな渦中にありながら、

頼まれたことを嫌と言わなかったお母さまの意を汲まれ、

「取材をキャンセルしても母は喜ばない」

と考えてくださったのです。


人のことを考えるという引き継がれたその思いに、

いたく感じ入りました。

恐れ入ります…。

そして、本当に有り難うございます。




玄関の正面でハートがお出迎え


畳に、可愛いすずめの刺しゅうがほどこされています


夜はお部屋でいただけます




その後、笑顔いっぱい笑いもあふれながら、

「ほっとする宿」を目指する紋加さんの取り組みを伺いました。

お母さまの墓前に置いていただけるような

価値ある記事を執筆したい。


8月21日の旬刊旅行新聞コラム「女将のこえ」Vol.226

で紹介します。

後日こちらのネットでもご覧いただけます。

http://www.ryoko-net.co.jp/?cat=73


出会いに感謝。ご縁に感謝。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
おもてなしの原点 女将さんのこころ その一


おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
おもてなしの原点 女将さんのこころ その二


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!




日本の宿古窯のコンベンションホールで講演しました。山形の藤和会さん主催。


2019.7.24

山形の大手税理士事務所・藤和税経オフィスさん主催の

講演会に登壇しました。

演題は本のタイトルと同じ

『いい会社のよきリーダーが大切にしている7つのこと』。


1「数字」より「心」を

2「スピード」より「順番」を

3「満足」より「感動」を

4「威厳」より「笑顔」を

5仕事に「感情」を

6「率先垂範」せず「主体性」を

7「効率」より「無駄」を

これら7つを一つ一つ、その目的と具体例を紹介しました。






100人の経営者の方々がかなり熱心に聞いてくださり

感謝しています。




会場は、かみのやま温泉「日本の宿 古窯」の

コンベンションホールでした。

タイミングが合うか分からなかったので、

取材でお世話になっている

女将の佐藤洋詩恵さんには連絡していなかったのですが、

帰りにロビーでお会いできました。



帰りの新幹線でいただいた古窯さんの牛肉弁当は、

今まで食べた牛肉弁当部門で

モォ~ 断トツ一位の美味しさ! ごちそうさまでした♡


20A4F0EF-4680-44A1-AFD0-322377B67686.JPG


全国で優しさをいただきます。

私も、もっとそういう人になれますように。

感謝


追伸:

たまに新幹線の前の席のおじさんがこれ ↓ やるんですが、

怖いからやめて~(≧∀≦*)


講師の瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!



セミナーでオリジナル曲を流したい♪ DTMでオリジナル曲をつくりました。


2019.7.23

この5月からDTM(Desktop Music)

レッスンに通い始め、

今日、オリジナル曲が完成しました~♪ 





昔取った杵柄(エレクトーンの先生)で、

鍵盤、アレンジ、楽譜おこし、みんな一応できるので、

DTMの先生からはすごく有利、と言ってもらっていました。



1年半くらい前にモチーフが浮かび、

半年前に頭の中で完成していた音を、

現実の音楽として誕生させました。



サンバ調の曲なのですが、

DTMの先生もサンバが好きということで

楽しくレッスンできました。



7月30日の「人間力アップセミナー」のBGMにしたくて、

楽しみながらがんばったのです。

歌詞もありますが今回はインストルメンタルで。


うれしい。

自分で作った曲を、自分で聞いて、感動して泣くという、

おめでたい夜です(笑)

Samba!

セミナー講師で元エレクトーン講師の瀬戸川礼子でした。







投票率が低すぎる。自分の国だよ?


2019.7.22

選挙結果に、早速、私の中のマグマがボコボコと主張する。


48.8%って投票率が低すぎる。

自分の国だよ?


幸せな人生を送りたいと願うなら、

自分が暮らす国の幸せについても、

せめて、選挙のときくらい考えて意思表示しようよ。


そういう私も、

期日前投票には行ったものの、

何一つ選挙の話題をシェアせず、

投票に行こうと書きもしなかった、とマグマが言う。


ツイッターをやっていると選挙の話題が満載なので、

今回の投票率は高そうと錯覚したけれど、

あれは顔と名前が非公開の人が多い世界だから、

政治の話題が書けたのかな。

顔と名前を公開するFBでは、

私も含めてほとんどの人が選挙に触れなかった。


日本では「野球と宗教と政治の話はするな」

と昔から言われます(本当は言葉の前に「商売では」が付く)。

でも、こと政治については、

選挙期間中くらいは私たち大人が語っていかないと

まずいんじゃないかって、今回、初めて思いました。


テレビは投票日だけお祭りで、

事前の情報提供はほとんどしないし、

投票率が上がると見込まれるネット投票も

なかなか具現化しません。


半数も投票しない民主主義国の未来ってどうなるのかな。


支持政党の売り込みはごめんだし、

政治に詳しくもなければ選挙好きでもない私だけれど、

この国で生き、いい会社、いい組織を考える立場として、

選挙に無関心を装うっていうのは違うと思いました。

次は、「選挙に行こう」って書こうと思います。


政治の話はご法度だと思い込んでいる場合じゃない気がする。

そもそもそれが昔からの国策だったりして。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!


北海道の「森のリトリート」でマグマを抱きしめる


2019年7月19~21日にかけて、

思い出すだけでも泣けてくる素晴らしい仲間6人で

森のリトリート@北海道」に行ってきました。

場所は、新千歳空港から車で2時間の黒松内。



ブナの森の北限といわれる場所にみんなで入っていきます。

1‐.jpg




本当はデジタルデトックスなのですが、いたずらな私はついつい撮影を。

帰ってみたら、こんな写真が撮れていました!

1.JPG



森のリトリートは、

第3回ホワイト企業大賞の大賞受賞企業の「(株)森へ」が

全国各地で行っているプログラムです。https://morie.co.jp/


森に入り、

それぞれがそれぞれの場所に呼ばれるような形で居場所を見つけます。

上の写真は、私の居場所です。その場所で一人になり、

自分と対話する、森と対話する

そこで感じたことを、

みんなで焚火を囲みながら耳を傾け合うのです。


2-.jpg


森で拾った枯れ枝で焚火を。火遊びを堪能しました(笑)

4-.jpg




行く前は、「素敵なひらめきがあればいいな」

なんて期待していました。

それが、日が近づくにつれて、

何もいらない、ただ森に行く、

と思うようになりました。



「あなたが本当に望むものはなんですか?」

これは私が受け取ったカードです。

私が本当に望むものは「自由」。

幸運なことにそれはもう持っていて、

あともう一つ、

分かっているのに軽んじてしまう

「光として光る」ということを思い出しました。



森のリトリートは、静かに、ゆっくり、感じる3日間ですが、

2日目、森の中を走り出した私がいました。

ずんずん歩き出した仲間もいて、

静かにゆっくりじゃないんだけど(笑)、

何かを感じていたんです。

みんながいたから私は怖いところに入っていけたし、

みんなが尊重し合っていたから

「実はね…」の話をそれぞれができた。

一人一人の思いが私たちの思いとなって、

根っこで繋がったような気がしました。


05.JPG


会議室では、こうはならなかった。

森が、そうしてくれたのです。


 小さな会社も大きな会社も、共に働く人たちが

こういう場で、こういう感覚を共有できたら

どんなにいい組織がつくれるでしょう!


森のリトリートのような場を持つことが、

経営のスタンダードになればいいと思います。




6人の最高の仲間たち。全員が経営者または個人事業主です。

東京、愛知、神奈川と拠点が違うし、初対面もいるし、

みんなそれぞれ挨拶くらいしかしていなかった間柄なのに

あっという間に打ち解けてしまう。


右下のひろみちゃんが滞在中に描き上げたアートの前で。

才能に一同、びっくり。


一人一人、絵を描いていって、最初はこんな感じだったのに
ひろりん (5).jpg


ひろみちゃんの手にかかると大迫力のアートが誕生!
ひろりん (1)-.jpg





私には、物心ついた時から持っている感覚があります。

私の中の奥の奥に真っ赤なマグマがあって、

ボコッ、ボコッとことあるごとに主張してくるのです。

愛や怒りやいろいろなエネルギーが煮えたぎっていて、

強すぎるマグマをなだめすかせることが

人生の宿題になっていました。


何十年もかけて、

だいぶ手綱を握れるようになっているのですが、

マグマに感謝するということ、

マグマを愛おしむということを、

私は考えもしませんでした。


それに気づかせてくれたのは、

焚火を囲んだ仲間との対話でした。


67328761_875133789536368_6480181686234513408_n.jpg



これからは、

私はあなた=マグマを愛おしんで生きる。

激しいから出し方に注意だけれど、

もうちょっと手綱を緩めてあげる。

そして

もっと自由になり、

もっと光る。

マグマは私であり、

だから私は地球と一つだった。



2.JPG





前は草原、裏に森が広がる絶好のロケーションで。

11.JPG



10-.jpg



何もいらない、と思っていましたが、

咀嚼しきれないものをもらいました。

森のリトリートは都会の生活で続きます。

みんな~、森~、ありがとう!


照らされて光る

照らされずとも光る

人を照らしてなお光る


ジャーナリスト・講師の瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!



「商業界北信越ゼミナール石川大会2019」に登壇します



2019年9月4~5日、

「商業界北信越ゼミナール石川大会」

素敵な講師の方々と登壇いたします。



北陸ちらし.jpg


伊那食品工業・社長の井上修さん、

八天堂・代表取締役の森光孝雅さん、

サトーカメラ・代表取締役副社長の加藤勝人さん、

石川樹脂工業・専務取締役の石川勤さん、

そして商業界の笹井清範さん。

楽しみです。


詳しい内容やお申込みはこちらをご覧ください。


ジャーナリスト・講師の瀬戸川礼子でした。









「ベトナム人の採用・雇用」に関する研修を受けてきました


2019.7.6

この日、中小企業診断士の理論研修で、

「ベトナム人の採用・雇用」に関する研修を受けてきました。

外国人が日本で働くには「就労可能な在留資格」が必要で、

その大きな一つが「技能実習制度」です。


条件がややこしいのですが、これまでは最長5年在留できました。

最近は、さらに条件をクリアすると̟̟̟プラス5年延長できたり、

特定技能1号、2号、3号と分かれていまして、

年数のしばりが変わっていくらしい。ここでは書ききれないのです。


外国人雇用としての「技能実習」が始まったのは1993年。

当時は、日本の技術を伝えるという国際貢献の意義がありましたが

いつしか、日本の人手不足を補う意味合いが濃くなっていきました。


法務省発表(2018年末)の外国人在留者は多い順に、

①中国76万人(前年比対4.6%増)

②韓国45万人(0.2%減)

③ベトナム33万人(26.1%増)

④フィリピン27万人(4.1%増)

⑤ブラジル20万人(5.5%増)。

ベトナムは、人数こそ3番目ですが、増加率は26%と断トツです。


在留人数.jpg



ベトナムは社会主義共和国。

国土は日本の0.88倍で人口は 9,650万人。

平均年齢は31歳で、

日本の中央値45.9歳(世界一高い)より15歳若いです。


今回の研修講師は、中小企業診断士の西村亮氏。

実際にベトナムに暮らし、

人財採用などの仕事をされているので話がリアルでした。

同氏によると、

外国人採用の利点は確実に人数を得られること。

来るか来ないかもわからない日本人の応募を

じっと待っているよりも現実的だということです。


日本側のニーズが最も高いのは、建設工事の現場。

若い外国人男性の労働力を求めています。

ただし、建設に限らずどの現場にも言えることですが、

定着するかどうかは別の問題です。

なぜなら、職場の人間関係を含めた「環境」や

「実際の就労条件」によるからです。



私の友人は最近、ベトナム人を数人雇用しましたし、

取材先の一般企業や日本旅館でも、

ベトナムの方の姿を見るようになりました。

こうした会社では人を大切にしていると感じます。


一方、先日、NHKの番組『ノーナレ』では、

今治のタオル工場でひどい扱いを受けていた

ベトナム人女性たちが映し出されました(幸い助け出されました)。

取材を拒否した経営者は、貧しいところから来たのだから、

安く過酷な条件でも働くだろうと考えたのでしょうか?

まったくとんでもないことです。同じ人間でしょうが。


人を採用したら、日本人でも外国人でも等しく

最低賃金以上を払うことが法律で定められているし、

日本人が嫌がることは、外国人も嫌に決まっています。


著しく増加しているベトナム人の場合、

近年は、家族を養うために貧しい地域から

出稼ぎに来る若者が増加していて、

親から「行ってくれ」と頼まれるケースも珍しくないとか。

日本以上に家族神話が強いみたいで、

その点はなんだか気の毒にも思えます。

 ベトナム人が母国に一時帰国する際は、旅費よりも、

家族や親類や近所へのお土産代のほうがかさむと聞きました。



さて、

技能実習生は、現地の送り出し機関(DOLAB

および日本の監理団体(JITCO,OTIT

を通って日本企業にやってきます。

企業と人が直接交渉することは事実上できません。


日本側は、雇用した人の旅費を支払い、

当然ですが、生活場所も用意します。

銀行口座を開く必要があるので、

あらかじめ印鑑を用意しておくと便利だそうです。

毎月の給与のほかに、

一人につき毎月35000円(一人当たり年間42万円)を

企業は監理団体に払うことになります。

監理団体は毎月1回、現場確認にやってきます。


「外国人技能実習生=安く雇用できる」ではないのです。



また、採用側と雇用側のギャップとしては、

採用側の日本人は、

「賢くて忠実でよく働く人」を望みますが、

日本人もそのような人ばかりではないように、

ベトナム人に過度な期待や押し付けたりするのは

よくないとのことでした。そりゃそうですね。


一方、

雇用されるベトナム人側は、

「助けてくれる先輩ベトナム人がいる」

(安心できる、日本語をそれほど覚えなくていいなど)、

「給料が高く、残業も多い」(残業してさらに稼ぎたい)、

「休暇など働く側の権利が主張できる」

などを望む人が多いそうです。これもそうだろうなと思います。


現地事情に詳しい先生のリアルな話をいろいろお聞きし、

「大変だな…」という印象が残りましたが、

前述のように私が取材させてもらった日本企業では、

ベトナム人採用を継続して行い、とても良好という経営者もいます。

そういう経営者は、彼らの人生の幸せも共に考えられる人です。

受け入れ側の誠意や覚悟が反映される、と感じます。


採用の流れは、

①募集、②選考、③入管審査、④出発・受け入れ準備です。


興味のある方は、日本の監理団体(JITCOまたはOTIT)、

あるいは地域の労働局に問い合わせてみてください。

いろいろな日程で説明会が開かれています。


先生による現地情報のおまけ:

ベトナムは湿気の多い暑い国ですが、

日本人の中にはサンダルとTシャツで採用面接に来る人がいるらしく、

現地では不評だそうです。

(相手は人生をかけて日本に行こうとしているのだから)

せめて襟付きのシャツで。それはそうですよね。


詳しくはこちらをどうぞ

JITCO(公益財団法人国際研修協力機構)https://www.jitco.or.jp/

OTIO(外国人技能実習機構)https://www.otit.go.jp/

* 地域の労働局


企業取材のときには、聞くばかりではなく

こうした情報を提供して差し上げたいと思う

ジャーナリストで中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。






たのしく観光♪ 東北被災地 2019


2019.7.3~4

1泊2日の今年の被災地への旅は、

石巻の日和山(ひよりやま)公園と神社から始まりました。


高台にある日和山公園にて。

白いドームは石ノ森章太郎さんの「萬画館」

66360027_1913039528795807_2266118109368680448_n.jpg


同じく日和山公園から石巻を望む

66459239_1913039495462477_5443512396435947520_n.jpg


日和山公園内にある日和山神社

66478594_1913039435462483_543511790433075200_n.jpg



→ 女川ハマテラス https://76653926.at.webry.info/201907/article_8.html


→ 石巻復興支援ネットワークやっぺす! https://76653926.at.webry.info/201907/article_7.html


→ 石巻の大川小学校 https://76653926.at.webry.info/201907/article_6.html


→ 南三陸ホテル観洋と語り部バス https://76653926.at.webry.info/201907/article_9.html


→ 塩釜の鹽竈神社

 66622465_1913039298795830_1018374696212627456_n.jpg

66428199_1913039335462493_826472958972133376_n.jpg

66028649_1913039358795824_8382870409023848448_n.jpg


→ 矢部茶園 https://76653926.at.webry.info/201907/article_10.html


→ フレンチ シェヌーに行きました。絶品でした。http://www.cheznous.co.jp/

  66121258_1913039415462485_4158399202981838848_n.jpg



再会と出会いの喜びの中に、苦しさと悲しさが同居する旅は、

当たり前に有るということが、いかに難しく奇跡的なことなのか、

文字通り『有り難さ』を想わせてくれる旅でもあります。


命のもろさと尊さ、

人間の弱さと強さを

これほど感じさせてくれる旅もありません。


もちろん、普通に「観光」としても存分に楽しめます♪


ご縁のあったすべてのみなさまに感謝です!


~ 2019 東北被災地の旅ブログおわり ~


瀬戸川礼子でした。


塩釜の矢部茶園さんへ 2019


2019.7.4

南三陸を後にして、旅の2日目は塩釜へ。

ここも1階の天井近くまで津波に覆われた土地です。

再開発にも力を入れる「矢部茶園」さんの矢部さんを訪ねました。


壁の一面。目を引くすてきなプレゼンテーション
65834213_1911384782294615_6320327775186059264_n.jpg


久しぶり~
65891558_1911384925627934_3689589289101819904_n.jpg



矢部さんの淹れるお茶はどうしてこんなに美味しいの?
どうして漫談みたいに話がうまいの?(笑)
65844091_1911384802294613_7379453705218686976_n.jpg



深蒸し緑茶、ほうじ茶、黒豆も入った玄米茶などなど、

試飲のたびに口福感いっぱい。

お茶って美味しい…。しみじみ想う。

いつも大人買いして帰ります。


66296656_1911385038961256_1170816554565107712_n.jpg


いつも感じるのは

矢部さんは本当にお茶が好きなんだな、ということです。

この素晴らしいお茶を飲んでほしいと心底、思っている。

それを真面目にではなく、面白おかしく伝えてくれるので、

義務ではなく、好んで買いたくなるんです。

真面目は私にはとても勉強になります。おほほほ(笑)





66052645_1911385072294586_1515879226467680256_n.jpg



泡を消すために、さっと火であぶるパフォーマンス。
65750704_1911385115627915_3121639066035027968_n.jpg


外国人観光客向けの試飲プログラムもあり、
人気だそうです。これは楽しいですよね!

やべっち、ありがとう!🍵


瀬戸川礼子でした。




「南三陸ホテル観洋」で美味しく楽しく学ぶ 2019


2019.7.3~4

東北被災地を巡る旅で必ず宿泊するのは

「南三陸ホテル観洋」です。https://www.mkanyo.jp/ 


女将の憲子さん(右から3番目)と一緒に。

62236417_1910339452399148_9135756950284271616_n.jpg


広々したロビー。窓の向こうは志津川湾です。

66198197_1910348282398265_4888266635091116032_o.jpg



震災から2~3カ月の頃、女将の阿部憲子さんを再訪し、

毎年ここに来ようと決めました。

2年目からは仲間と一緒に毎年、訪ねています。


憲子さんのアイデアで1年目から走り始めた

「震災を風化させないための語り部バス」に乗るのも恒例。

自身も被災者である9人の社員が輪番で乗車し、

1日も欠かさずに毎日運行している語り部バス。

たった1日も運休していないんですよ。

いまでは延べ35万人(!)を乗せているんです。



この日の語り部は営業リーダーの伊藤さん。

掲げた写真は、震災日のグループ施設「高野会館」。

屋上まで水が来ましたが、ここに避難した方々は全員助かりました。

65913815_1910348022398291_6421574327744856064_o.jpg



「風化させたくない」という思いとともに、

「もしものときに生かしてほしい」という思いも乗せて

バスは走っています。

機会をつくってぜひ一人でも多くの人に乗ってほしいなあ。

私が組織のリーダーなら、社員旅行はここにしたい。

食事はおいしい、温泉は絶景、そして翌朝の語り部バスで

命や人生について深く考えることができる、

こんなに有意義な旅行はないと思います。


地元の戸倉小学校は全滅して跡形もありませんが、

先生の機転で全員が助かりました!

規則通りに屋上で待機していたら全員この世にいないでしょう。

でも若い女性の先生が、屋上では危ないと発言し、

校長先生も若い声に意見に耳を傾け、

離れた裏山の高いところにある神社を選んだのです。

そう決めたのは、震災の前日でした。

もっと細かい話が語り部バスでは聞けます。



毎年1回だけですが、

盛り土で変わっていく町並みを見させてもらっても、

南三陸はまだ未来予想図が分かりません。

前日に行った女川の進展ぶりに比べて、

大きく引き離されているのが現状です。


南三陸1.JPG



それだけに、一つの町がどうなっていくのか、

もうしばらく通わせてもらいたいと思うのです。


先に書いたように、楽しみもたくさんあります。

うに丼でしめる美味しいコース料理♡

66201668_1910339529065807_7910691836329459712_n.jpg


お刺身でございます。

65965189_1910339572399136_8204969530728906752_n.jpg


ふかひれでございます。

66067982_1910339575732469_8324951550971609088_n.jpg




絶景の露天風呂、

カモメが遊びに来る客室、

カモメを見るというより、これは見られている()

66420730_1910339505732476_7941932337518870528_n.jpg


65940097_1910339475732479_7212753637775245312_n.jpg


天気が良ければ志津川湾から上る日の出が望めます。

憲子さんやスタッフの伊藤さんと再会するのもうれしく、

外せない場所なんです。

仙台から毎日無料の送迎バスが出ていてとっても便利です。

また来年、うかがいますね。

ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


~   ~   ~

ホテル観洋の阿部憲子さんもご紹介しています。

『「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと』

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


こちらは女将さん55人の胸のうちを紹介しています。

(ホテル観洋の憲子さんも)

おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
おもてなしの原点 女将さんのこころ その一


女川に行って思ったこと ~南三陸との違い~


2019.7.3

復活した「女川駅」とその周囲は、

素敵に街デザインされていました。


女川駅



駅には温浴施設「女川温泉ゆぽっぽ」を付帯。

高い防波堤で海が見えなくなった町がある一方、

女川には見える海があります。


駅からまっすぐ続く道の先には青い海が見え、

その道の両脇には、飲食店や物販店が軒を連ねる

おしゃれな「ハマテラス」があります。

軽井沢の星野エリアをちょっと思い出しました。



駅を背にした道の向こうは海

女川からまっすぐ海へ.jpg



同じ場所から旅の仲間と一緒に。

onagawa3‌.jpg



同じ場所から駅を見るとこんな感じ

女川駅をのぞむ.jpg



エリア一帯が平らで動きやすく

そうと聞かなければ

全体が約10mもかさ上げされているとは分かりません。

10mといったら、私の身長の6.4倍です!




実は被災地の旅8年目にして初の女川だったのですが、

毎年行っている南三陸に比べると

進展具合が素晴らしく、本当に驚きました。


どちらも宮城県の女川町と南三陸町。

震災前の人口は、

女川が10,051人、

南三陸が17,431人でした。

震災後は、

女川が6,467人(35.7%減)

南三陸が12,771人(26.7%減)です。


どちらもあり得ない減少数で、胸が痛いのですが

数字だけ見ると、より劣勢なのは女川です。


けれど、街のデザインが進んでいるのは

圧倒的に女川なのです。



こちらは翌日の南三陸の風景です(赤い鉄筋は防災庁舎跡)

雨で見えにくくてすみません。

南三陸3.JPG


盛り土の土地と道路。南三陸は凸凹の土地が多く、

未来予想図が見えません。← 地元の人がそう言っています。

200億円かけて防波堤を作っていますが、

人が住むのかどうかも分からないエリアだそうです…。

南三陸2.JPG



これまでは南三陸ばかり見ていたので、

今回、女川と比較することができて初めて、

歴然たる違いに驚きました。


では、なぜ女川はこういう町づくりができたのか?

それは「若い人の声を生かしたから」「若い人に任せたから」、

「若い人の力です」。そんな声が聞こえてきます。

自分たちよりも若い人に任せた年配者も立派ですよね。



すっかり楽しい気分で、ハマテラスにて女川丼を堪能(1300円)


こちらはホタテ丼(1000円)

hotate丼.jpg


見た目はお菓子、香りはポプリのような石鹸を買いました。

石鹸.jpg


女川駅から海方向を見る


年に1度ですが、今後も被災地に行き続けるつもりです。

今回、ほかの街と比較をする大切さを学んだので、

これからは意識して見ていきます。


女川もどこもそうですが、

行き続けている南三陸はこれからも陰ながら応援したいので

一つの町がどうなっていくのか、見守らせてほしい。



女川駅

女川ホーム.jpg

小牛田駅~女川駅を結ぶ石巻線。

石巻駅で乗り換えて仙台に出ることもできます(2時間超)

時刻表.jpg


女川の町にたくさん学びをいただきました。

ありがとうございます。


瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと

「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!





石巻の「やっぺす!」さんを訪問しました


2019.7.3~4

毎年、東日本大震災の地を訪ねる旅。

今年、1泊2日の日程は、

石巻の日和山(ひよりやま)公園と神社から始まり

→ 女川ハマテラス

→ 石巻復興支援ネットワークやっぺす!

→ 石巻の大川小学校

→ 南三陸ホテル観洋


4日
→ 同ホテルの語り部バス

→ 塩釜の鹽竈神社

→ 矢部茶園

→ フレンチ シェヌーでした。


石巻で最初に訪ねたのは、

特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク・やっぺす!

http://yappesu.jp/

代表理事・兼子佳恵さん(左手前)とご縁をいただきました。 




「一緒にやろうよ!」という意味の「やっぺす」。


兼子さんは自ら子育てに悩んだ経験から、

震災の2年前から相談し合える場づくりをされていました。


震災後は支援の幅が広がり、

化粧品会社ランコムと共に女性起業家育成コースを行ったり、

外で働けないママのために内職を紹介したり、

グッズ販売(無事かえるシリーズ)したりと、

10以上もの活動をされています。




印象的だったのは、

弱さを口にできる兼子さんの飾らなさでした。

震災直後は支援物資に大人たちが群がり、

その様子を子供たちがすごい目で見ていたという、

あまり公には語られない話はかなり突き刺さりました。

これも人間の一面、美談だけではないのです。


また、代表になってからは、

自分の器以上のものを求められているようで

とても辛かったこと、

何かの集まりで、外部から来た高学歴リーダーたちの

間に入って肩身の狭い思いをしたこと、

一方、心ある教授や有識者や多くの人に

支援してもらっていること。

地元市民の喜びが自分たちの喜びでもあること―。


こうした胸の内を、

初対面の私たちにも自然に話してくださるということは、

まさに兼子さんたちが育まれてきた

「気軽に相談しあえる場づくり」の体現だと、感じ入りました。



やっぺすの可愛い自販機


このご縁は定宿の南三陸ホテル観洋さんがつないでくれました。

感謝


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと


「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!



大川小学校跡地で思う(動画)


2019.7.4

毎年の被災地への旅に行ってきました。

石巻の大川小学校跡地から順次、紹介していきます。


この気持ちをどう表わせばいいのか…、

生涯、忘れない記憶になると思います。


3.jpg



東日本大震災のあの日、

校庭で待機していた子供たち78人のうち74人と、

先生11人のうち10人が亡くなった小学校です。



行かれた人もいると思いますし、

ご存じの方もいるでしょう。

私も知っていましたが、

現場に足を運ばないと

分からないことがありました。


高台が、目を疑うほど近くにある…。


(手前が校庭、白い看板が津波到達点です)

1.jpg



2.jpg

Facebook動画をご覧ください。

https://www.facebook.com/reiko.setogawa/videos/1908835629216197/


すぐ目の前の高台を少し登れば

全員助かったのは一目瞭然です。


小さな子でも数分あればのぼれたでしょうに、

生徒たちは先生の指示で

津波到達までの50分間も

校庭で待機させられてしまいました。


まだ春遠い3月。

雪が降って寒かっただろうに。

怖かっただろうに。


高台へ逃げようと言った生徒たちもいました。

実際、高台へ逃げ始めた生徒たちもいました。

でも、整列に連れ戻されました。



ご遺族である親御さんの話として現地で聞いたのは、

先生の間で「待機する」と「逃げる」の意見に分かれ、

結局、力を持っていた先生の「待機する」に

従うことになってしまった、と。



もしも、普段からコミュニケーションが取れていたら…、

互いの考えを尊重し合えていたら、

「校庭で待つくらいなら、山に登っておこう」と

思えたのではないか…。

そう思わずにはいられませんでした。



普段から対話をしていない人たちが、

有事のときにいきなり対話を始めることは、

残念ながらほとんどないと思います。

できれば理想ですし、

そういうケースも聞かないわけではありません。

でも、現実的にはまれです。

一時的にできても継続は難しいです。

心の余裕がないのが普通ですから、

対話どころか対立になってしまうことが多いのです。



規則や前例を守るだけではなく、

人間が人間力を持って人間を守るには

対話は欠かせないと思います。


判断のあやまちを万が一のときの教訓にしたい。

この出来事を忘れたくない。


合掌。


瀬戸川礼子でした。



「新任監査役等のための説明会」に行ってきました


2019.7.9

公益社団法人 日本監査役協会が主催する

「新任監査役等のための説明会」に行ってきました。

社外取締役 監査等委員に就任しましたため、勉強に。

人の多さに驚きます。


ここは東京会場で、一度ならず何度も行われているようです。

大阪などほかのいくつかの都市でも同じ説明会が行われています。

「新人取締役のための~」という説明会も別にあります。

日本全国、新任役職者になった人が大勢いることが分かります。


96DF37A3-C7CC-406F-B31C-FA105FEFFF92.JPG





「監査役などの仕事は、電車の定時運行と似ています。

 通常運行されているときは誰にも意識されませんが、

 止まったり、ダイヤが乱れたときには厳しく指摘されます」

このたとえには、なるほどなと思いました。




参加者の後頭部を目視した限りでは、

9割以上は50代後半以降の男性。

若い男性も少なければ、

女性は1割どころか1%未満といった感じでした。



ダイバーシティはまだまだまだまだの日本です。

私は役割をしっかりつとめていこうと思います。


瀬戸川礼子でした。








第6回 ホワイト企業大賞ご応募受付中


2019.July

ただいま「ホワイト企業大賞」のご応募を受け付け中です。
http://whitecompany.jp/news/2018-1-500002-3-4-60.html

9月5日までですので、あと約2カ月あります。

「まだ当社には早い」と思われる方にもおすすめです。

応募.jpg



働きがいを高めたいという会社は多いと思います。

その方向性と現状を把握するのに、

この賞はぴったりなのです。


ほかの賞ではまず行われない社員アンケートによって、

「成長の実感があるか」など20項目から成る

ホワイト企業指数をはかることができ、

現状と課題が分かりやすくなります。



またこのアンケートを毎年行うことで

進み具合の確認もできます。



賞を取るための応募も大歓迎ですが、

現状把握のための応募も同じように大歓迎。

ぜひご活用してほしいと思っています。

共に The White Company Wayを歩きましょう。

一同、ご応募お待ちしています!

http://whitecompany.jp/news/2018-1-500002-3-4-60.html

ホワイト企業大賞委員の瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




第30回 女将サミットに行ってきました


2019.7.1

記念すべき第30回となる

「全国女将の集い(女将サミット)」が

京王プラザホテルで開催されました。

壇上1.jpg





基調講演は、オリパラ組織委員長の森喜朗さん(中央)でした。
65553396_1903863776380049_3300985230889844736_o.jpg





主催は『旬刊旅行新聞』。

コラム「女将のこえ」を連載している業界紙です。

その取材でお世話になった女将さんと

うれしい再会となりました。



南三陸ホテル観洋、古窯、佐勘ほかの女将さんと。
65509813_1903854249714335_1593045778593480704_n.jpg



湯本旅館の女将さんと。
F RIESAN.JPG



ホテル黒部の女将さんと。
65393063_1904096993023394_9197319710130044928_n.jpg




同新聞の石井社長によると、

女将サミットが生まれた30年前(1990年)は、

夫である宿主は外で見分を広めるものの、

妻である女将さんは留守番役。


そんな状況の下、

「私たちも外に出て自由に意見を交換し合いたい」

という女将さんの要望で、

女将サミットは生まれたそうです。



私は5回目から都合がつく限り参加させてもらいました。

その立場としては、

世代交代、補佐からリーダーへ、待ちから行動へ、

団体から個へ、量から質へ、満足から感動へ、

風習の変革(定休日を設ける、インバウンド増など)

といったキーワードが浮かびます。

そして、経営の透明化や、競争から共創へ、

もますます進んでいかれるのではないかと感じます。




これからもたくさんの素敵な女将さんを、

微力ながら応援させていただければ有り難いです。


女将さん取材歴26年の瀬戸川礼子でした。



「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





とりあえずのブログ更新です。


2019.7.5

こんにちは、ジャーナリストの瀬戸川礼子です。

いつの間に、10年以上続けているこのブログ、

BIGLOBEのウェブリブログが模様替えをしていて、

私のブログトップ画面が、真冬になってしまいました。

なぜ~? 涼し気でよいかもしれませんが、

これを機に他のブログに変えるかもしれません。

そのときはまたお知らせいたします。



7月1日は30回目を迎えた「女将サミット」へ、

3~4日は毎年恒例の東北被災地への旅に行ってきました。

女川~石巻~南三陸、そして最後は塩釜を巡りました。

生涯忘れられないであろうこともあり、

アップしたいことがいろいろ溜まっています。



書かない間に、鹿児島の豪雨災害などもあり、

日本の災害について情報と意識を高めておかなければ、

という気持ちも強くなりました。


とりあえずのブログでした。



「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




令和1年7月1日のおついたち


2019.7.1


こんにちは。

あっという間に令和元年7月のおついたちです。


今月の言葉は、

「白雲の よそに求むな 世の人の

まことの道ぞ  しきしまの道」


(明治天皇)



画像


























よそに求むなという考え、 素敵ですね。

自分が変わって行かない限り、

何も変わらないですよね。



梅雨ですが、

すっきりする和歌で今年の後半を迎えました。


みなさまによいことがたくさんありますように!



瀬戸川礼子でした。



「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
内外出版社
瀬戸川礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた!
同友館
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 顧客満足を生み出す仕組み―この18社に見つけた! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その一
旅行新聞新社
2014-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



おもてなしの原点 女将さんのこころ その二
旅行新聞新社
2015-07-07
瀬戸川 礼子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル