「なぜ死ぬ覚悟で戦争に反対しなかったか」 Microsoft News


胸を打たれた記事です(MSNニュースより)。


元特攻隊の兄弟、

岩井忠正さん(99歳)と忠熊さん(97歳)が、

早稲田大学で講演されました。


記事はこちら。



特攻隊の若者は、家族に宛てた最後の手紙に

お国のために喜んで死ぬ、などと書き残しました。

それを読んで感激する人もいるようですが、

「ちょっと待ってください」と。




当時は「検閲」があって本音は書けない時世であるうえに、

家族を悲しませまいと自分を奮い立たせる隊員の心境」

がそのようなことを書かせたのだと。

そうでもしなければやっていられないかったと…。




「この戦争は間違っていると

うすうすながら分かっていたにもかかわらず、

沈黙して特攻隊員にまでなった。

死ぬ覚悟をしてるのに、

なぜ死ぬ覚悟でこの戦争に反対しなかったのか。

時代に迎合してしまった。

私のまねをしちゃいけないよ、と今の若い人に伝えたい」

(兄の忠正さん)。



この言葉を、自らの口で公に出すまでに、

どれほどの苦悶があったことか…。



言うべきことを言うのは勇気がいります。

いまだってそういう風潮があるのに、

まして、戦時中ならばなおのこと。

言えなかった人を責める人はいないでしょう。

けれど、それでも70余年、後悔し続けている、

お二人の心中は察するに余りあります。



同じ後悔をしてはいけない。

これは記憶に留めておかなければ。

そう思いました。


瀬戸川礼子でした。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0