いつでもできる笑顔トレーニング



「いつも笑顔ですね」と、

言っていただくことがときどきあるのですが、




以前はそうではありませんでした。




笑顔の大切さを痛感したのは、

15年くらい前でしょうか。

自分の講演DVDを観たのがきっかけでした。




そこには、90分間、真顔で力説する私が映っていました。

話している内容はなかなか良いんです(笑)

でも、ずーっと、真顔で喋られるとキツイ。



画面の中の私は、時々、ニコッと微笑むのですが、

一秒で真顔に戻ってしまうので、

「笑顔で話している」という雰囲気がまったくありません。


自分ではにこにこしているつもりだったので、

「私、こんな顔で話しているんだ…」とショックを受け

途中からは、指の間から恐る恐る見ました。

「笑顔だったらもっと心に響くだろうに…」。




そこで私は、笑顔の特訓を始めました。

良く知られているのは、割り箸を横にして口にはさむ方法で、

これは効果があるのですけれど、

人前ではできないため、時間が限定されてしまいます。

そこで、私流の方法を考えました。 

         ↓ 
         ↓

【いつでもできる笑顔トレーニング】


① 口は思いっきり「い」の形にする

② 目は優しく

③ このまま生活します

 電車に乗っているときも、PCを打っているときも、読書中も、
 一日中、どんなときも①②をキープします。


最初は、途中でトレーニングを忘れてしまうので、

「いけない、いけない」と思い出し、その都度、再開です。



ひと月も続ければ、顔の筋肉が型を覚えてきます。

笑顔は、持続する時間の長さが大事なんです。

一瞬だけの笑顔では、人は「笑顔の人」と認めてくれません。

だから、キープすることが大事があって、

キープするには笑顔の筋肉が必要になるわけです。

顔の筋肉を使うということは、頬が上向きになるので、

そう、アンチエイジングにもなるわけです。ふふふ。

しかも、顔が笑顔になると、心も明るくなるから不思議です。





働きがいのある組織をつくっているリーダーは、

たいてい笑顔です。

でも、実は、もともとはさほど笑顔じゃなかった人が多い



意外ですよね? これ本当のことです。

本来は、自然にニコニコできるタイプじゃないけれど、

リーダーの自分が真顔でいると、

「怒っているのかな?」と相手を萎縮させたり、

「具合が悪いのかな?」と相手を心配させることに気がついて、

努力して笑顔になった人が多いんです。




「笑顔=心+筋肉」が理想です。

でも、心が伴わなくても、とりあえず筋肉を上げよう!

そうすれば見た目は笑顔になるから、

周りは「怒っていない」と安心できるし、

自分の心もちょっと上向きにひっぱられます。




どうしても、どうしても、「やってられんわ!」

という気持ちなら、泣いたり怒ったりして発散するのも

大切なことと思いますし、

私も100%笑顔ってわけじゃないですが、

普段はできるだけ笑顔でいられたほうが、幸せ。

(満面の笑みである必要はなくて、微笑みで十分)。




実際、私は笑顔トレーニングをしてから、

「講師の先生が笑顔で喋ってくれたので、

 一つ一つの言葉がすっと心に入ってきました」


「笑顔で話されたので、いつもは聞き入れにくい話も

そうだなと素直に思えました」などなど、

講演後のアンケートに書いていただけるようになりました。





講演は楽しいですが、

楽しくないときに笑顔になるのは偽善かな?

もしもそんな声があるなら、

「偽善、上等」って私は思うんです。



スポーツでも楽器でも、最初は下手だったけど、

練習して上手くなったら楽しくなっちゃって

ずっと続けたいと思うようになった例はたくさんあります。

後から気持ちが付いてきてもいいじゃない?



完璧に笑顔ってわけじゃない私なのですが、

前よりはずっとましになっております。





講師の瀬戸川礼子でした(^^)/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい