都内の感染者割合は0.000265% 明日運命の人に出会う確率は0.005%



私が暮らす東京都の人口(住民)は1394万人。

(昼間人口はこれより数百万人増えると思います)

3月1日午前の時点で分かっている都の感染者は37人だから、

割合は37÷1394万=0.000265% です。



ちなみに、

カジノで億万長者になれる確率が同じく0.0002%です。

飛行機に乗って墜落事故に遭う確率は0.0009%


そのくらい、ひじょーに低い割合であるということです。


3月3日補足】

割合とは全体に占める比率のことで、

確率とはそれが起こり得る確かさのことです。

なので、厳密には両者の数値は比べるものではありません。

また、もし感染したら、

その人にとっては100%になるわけですが、

「とにかく低いから落ち着こう」

ということで紹介していまーす。【補足ここまで】





ただ、PCR検査をしてもらえない人がたくさんいるので、

ほとんどの人は「もっといるはずだ」と考えるでしょう。

なので、仮に都の感染者が1000人いるとします。

それでも、割合は0.00717%です。


ちなみに、

「明日、運命の人に出会う確率」は

それとあまり変わらない 0.005% ですって♡




こう見てみると、

数字がそれほど得意ではない私でも、

感染割合の低さはさすがにわかります。





もちろん、いまはこの程度でも、

パンデミック(広範囲に及ぶ流行病)

になる可能性はあります。



なのでそれを防ぐためにも、

手洗い、うがいをこまめにして、

咳が出る人はマスクをする必要がありますよね。



そういう取り組みは積極的にしたほうがいいのですが、

このブログで何が言いたいのかというと、


先の数字のように、感染の割合は今は非常に少ないということと、

足りていないマスクとトイレットペーパーの原料は違うし、

マスクなど防菌用品以外のものは足りているのですから、

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの

買い占めはやめましょ~、です。






なぜ買い占めがいけないのかというと、

本当に必要な人に届かなくなったり、

通常の値段が跳ね上がって

市民生活に支障が起きるからです。



それだけではありません。

必要以上に買ってしまうということは、

人の弱みにつけ込んで転売で儲けている人に

間接的にでも加担していることになってしまうんです。


【追記】

そしてこれも大事なことですが、

その会社や工場や関連会社で働く人が大忙しになります。

中には子育てや介護中の人もいるわけです。

どれほど困るか、想像できますよね。

また、ドラッグストアなどの販売者も、運送する人も、

余計な仕事が爆発的に増えてしまうんです【追記ここまで】




知らないものに対する恐怖は誰にでもあって、

不安になるのは仕方ないんだけれど、

不安って新たな不安を呼び起こします。

それは人災になってしまいます。



十分に気を付けるということを前提に、

冷静に行動しましょう。

咳も不安もまき散らさないでいこ~。



必ず終わりが来ますから。



経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。



【著書のお知らせ】

全国2650人の経営者とそれ以上の社員を取材をして気づいた、
幸せに働く組織づくりの7つのヒント。

「数字」より「心」
②「スピード」より「順番」
③「満足」より「感動」
④「威厳」より「笑顔」
⑤ 仕事に「感情」を持ち込む
⑥「率先垂範」せず「主体性」を
⑦「効率」より「無駄」を

大切にすることです。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい