指宿白水館の女将・下竹原成美さんインタビュー ibusuki hakusuikan Japan


2019.3.2~3

『旬刊旅行新聞』で20年間、毎月連載してきた

コラム「女将の声」の最後のインタビューで、

鹿児島「指宿(いぶすき) 白水館」へ行ってきました。

IBUSUKI HAKUSUIKAN, KagoshimaPrf. JAPAN

http://www.hakusuikan.co.jp/ 


女将の下竹原成美さんと。

鹿児島の女将さんとして大島紬をおめしでした。


「私が何もできないから、みんな(スタッフ)が

よくやってくれるの。いい人ばかり」と。

こういうことを言えるリーダーは素敵ですよね。


淡い夕陽


こちらは翌朝の朝日(ちょっと寝坊)。


「藤」がテーマの素敵なお部屋に通していただきました。


海を一面に臨む客室。できるだけきれいに使います。


先代が新天地として求めた海沿いの5万坪の土地、

館内には1,000坪もの大浴場が。

大規模な施設を丁寧に育てられていました。



お風呂は当然ながら写真NGです。この写真はHPより。


じゃーん。白水館の館内(なんと70床の広さ!)で

「砂むし温泉」を初体験。面白い写真(笑)

砂は温泉の熱でほかほかです。

12分でギブアップしましたが、これで血液サラサラになりました。

http://www.hakusuikan.co.jp/hotspa/sunamushi.html


美味しいお食事。鹿児島は「そら豆」生産日本一です。




ロビーに置かれたウェルカムドリンクは、なんと「芋焼酎」。

さすがは鹿児島。見えませんが右に「知覧茶」も置かれていました。



絵本『大きなカブ』を思い出す、桜島大根。

地元の給食に出されるそうです。





鹿児島といえば西郷どん。撮ってもらえばよかった(笑)



館内に飾られていた器に釘付け。セクシーポーズの赤鬼。

「赤絵鬼図皿」(澤田 痴陶人 作 /1902~1977)。

作者のお名前もユーモアたっぷり。


鹿児島空港から2時間のドライブ。

風を受けて、歌を歌いながら。



20年続いた「女将のこえ」は、これで最終回となります。

楽しく心躍る連載でした! 

それについての想いは、後日、ブログにしたためます。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 - 瀬戸川 礼子
おもてなしの原点 女将さんのこころ その一 - 瀬戸川 礼子


おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 - 瀬戸川 礼子
おもてなしの原点 女将さんのこころ その二 - 瀬戸川 礼子


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子