都知事選2020に思うこと ~政治のレベルは国民のレベル~


こんにちは。

今日のテーマは、

都知事選2020に思うこと 
~政治のレベルは国民のレベル~ です。

昨日、一票を投じてきました。




結果は、小池さんのすさまじい圧勝。

私としては残念な結果となりました。


小池百合子さん 366.1万票

宇都宮健児さん 84.4万票

山本太郎さん 65.7万票



さらに残念なのは

55.0%という投票率の低さです。

半分近くが無関心だった…。

しかも、2016年の前回よりも

4・73ポイント下がりました。



おかしいなあ。

今回初めて、投票で並んだんです。

ソーシャルディスタンスだとしても、

行きも帰りも20人以上並んでいたので、

投票率は高い?と期待したのに、まさか下がるとは。

ちなみに、スウェーデンの投票率は80~85%です。


「政治のレベルは国民のレベル」

と言われるのはその通りで、

多くが政治に無関心だったら、

政治家が決めたことに文句も言えません。



NHKの意識調査。


青に共感。

赤の「発信力」は、コロナの時期は高くなって当然で、

知事の資質と関係あるかな?


日本の首都の知事選でありながら、

自分に不利になるであろうテレビ討論を避けたのに、

「発信力が高い」という認識はなぜ生まれるんだろう?



それで私が今回思ったのは、

政治の話を日常会話にしないと
本当にまずいことになる、

ということです。



「政治と野球と宗教の話はするな」

という昔の呪縛から抜け出しましょう。

野球と宗教はともかく、

政治はすべての人の生活・仕事に関係があります。

なのに政治の話をしてはいけない風潮って

やっぱりおかしい。



私たちが大人しく黙っていると、

「お金に困っておらず、

お金の使い方を知らないエライ人」に

ついていかないといけないことになります。

国政も昔からそうなっていますけど。

そうなっていることを、せめて知っておかないと。



多数決で決める民主主義国家である以上、

誰が当選しても激変はしないです。

今回もし他の人が当選していても

ほとんど何も変わらないように感じるはずだし、

「どうすればいい?」の正解は

複雑すぎて誰も出せないでしょう。



一方がいい目を見れば、

一方はいい目を見られないことが山積みで、

全員を満足させる施策はなさそうです。



分かりやすいのは東京オリンピックです。

政府や知事は延期して行うと言いますが、

追加費用が3000億円かかる試算があって、

3000億円÷365日=8.2億円

毎日毎日、8.2億円の血税が消えています。

日本はもはやお金持ちの国ではないけれど、

今日も明日も8.2億とさようならです。


でも、選手や関係者やファンは

もちろん開催をのぞむでしょうし、

選手の努力が報われてほしいのはもっともです。

そして、大手ゼネコンは儲かっています。


こういう風に、

あちらをたたせばこちらがたたず。

誰もが満足する施策はないのです。



でも、私たちが無関心を装わず、

政治について「どう思う?」を語る習慣がついたら、

政治家ももっと誠意を持ってあたるはずです。


専門分野を持つ人ならわかると思いますが、

相手の知識もかなり高いぞ、と思ったら、

気を引き締めて物事に当たりますよね?


政治も同じだと思います。


政治にはさほど詳しくない私ですが、

もっと関心を持とうって強く思いました。

どうせ誰がやっても…とあきらめずに。


もう始めているけど、

友だちや家族など、親しい人から対話していこう。

「私はこう思うけど、どう思う?」と。


都民で経営ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。


【おまけ】
ベランダのトマトを1つ初収穫しました。
なんか感激。ほどよい酸味で美味しい。