一喜一憂しないで動じずにいよう。「人間万事塞翁が馬」



なぜか分からないのですが、

「人間万事塞翁が馬」
(にんげんばんじ  さいおうがうま)
という言葉が、

昨日から頭にふわふわ浮かんでいます。



ということで今日のテーマは、

一喜一憂しないで動じずにいよう。

「人間万事塞翁が馬」です。



ご存じ、中国の物語&ことわざですよね。



塞翁という名の老人の馬が逃げた(不運)
     
ほかの馬を連れて二頭で戻ってきた(幸運)
     
息子が落馬で骨折してしまった(不運)
     ↓
兵役を逃れて命拾いした(幸運)



このように、
物事の禍福は予測がつかないもの。

一喜一憂しないで動じずにいよう、ということです。
禍福の「禍」は、コロナ禍の「禍」。

文字通り「わざわい」ですが、

良かった面も探せばあるんですよね。

・空気汚染などの自然破壊がとりあえず止まった。

・オンラインで出来ることが多々あると気づいた。

・行かなくてもいい出張が減った。
 → 移動移動で過労死寸前だった人たちが
   それを免れたはず(よかった)。

・無駄な打ち合わせが減った。

・「会う」「集う」ことの貴重さに気づけた。

・咳エチケットが徹底された。

・人間の弱さと強さに気づけた。

・人間の心の小ささと大きさに気づけた。

ほかにもいろいろありますよね。



個人的には、ほぼ動じない私、に気づきました。


コロナ禍による「禍」が「福」に、

「福」が「禍」に。

そのうち変わるときが来るかもしれません。




「人間万事塞翁が馬」

やることはやった上で、動じずにいましょうね😊



礼子画伯の馬 (*´艸`*)


こんな絵でも載せてしまう勇気が我ながらすごい。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい