「身体の中で一番えらいのは、果たして頭なのか?」



昨日は頭がお盆で、

ブログの更新を忘れてしまいました~


今日のテーマは、

「身体の中で一番えらいのは、果たして頭なのか?」です。



Eテレで「ローザンヌ国際バレエコンクール」を観ました。

去年も観たかもしれません。

年に一度、スイスのローザンヌで行われる、

若きダンサーが世界に羽ばたく登竜門です。



身体ひとつで、あんなにも美しく強く

多彩な表現ができるなんて、感動しかありません。



楽器も、ペンも、パソコンも使わない。

声も出さない。

使うのは、自分の身体一つだけ。

頭を使っているのはもちろんですが、

とにかく使うのは身体だけ。

究極の芸術だなあと思います。



私には素晴らしいダンサーの友人がいますが、

いつも身体の声に耳を傾けています。

だから、頭脳だけで生きていない。

身体という自然に根差しているので、

思想に核があり、ぶれない感じを受けます。



私は、言葉が生まれる前から、

人間は身体(踊り)で思いを表現していたに違いない

と勝手に思っています。



ローザンヌのコンクールには、

クラシック部門とコンテンポラリー部門があるのですが、

型にはまらない独特な動きをするコンテンポラリーダンスを観ると、

不思議と懐かしく感じるのです。


~  ~  ~  



子供のころは成績1位の子よりも、

駆けっこの早い子のほうがモテるし尊敬されるけれど、

大人になると逆になりますよね。


仕事面でも、身体を使った仕事より、

頭を使う仕事のほうが一般的に収入が高くなるし、

尊敬されるようになります。



でもどうなんでしょう。

身体より頭を使うほうがえらいんでしょうか?

私は、一日中パソコンの前で格闘している人と、

一日中、身体を使って清掃仕事をしている人、

そのすごさは互角じゃないかと思う。



今日は2カ月半ぶりに美容室に行って

キノコさんになってきたのですが

多少、毒を含んだキノコでございます





この酷暑をものともせず、
行きも帰りも

ずっとビル壁にペンキを塗っていたお兄さんたちがいて、

往復とも「すごい」と思いながら通り過ぎました。


コロナ禍によって感謝の目が向けられるようになった

エッセンシャルワーカーの方々も身体を使う仕事であって、

こうした仕事で世の中が回っている面が多分にあります。


私は思うのですが、

現代は頭を重視しすぎているのではないでしょうか。

例えば、身体の感覚よりも、

頭脳を使って得たデータが重んじられるわけですが、

両方を同じくらい重んじたほうがいいと思います。



データが「大丈夫」と言っていても、

身体が「危険だ」と感じているなら、

安全策を取ったほうがいいし、

そうした本能的な感覚を信じたほうがいい。

さらに言うと、自分の感覚を信じられる心を

保っていたほうがいいんじゃないかなー。

いざというとき、意思決定するのは自分であり、

その意思決定を信じるのも自分自身です。

頭も身体も両方使ったほうがいいのではないでしょうか。



~  ~  ~  


ローザンヌ国際バレエコンクールを観て、

人間の身体は無限の表現力を秘めていると思いました。

・身体を最大限に生かすダンサーたちと、

・そこそこ生かす普通の人たちと(私はここ)

・自分を動かす道具としか体を見ていない人たち。


「身体を持つ」という同じ境遇にありながら、

これほど生かし方が違うものなのですね。



頭は大事なのですが、

察する力(本能)に近いのはきっと「身体」のほうです。

その身体の声を聞くことを大事にしたいと思います。


明日はウォーキングとストレッチを念入りにしよう。
瀬戸川礼子でした。