「ご飯スケール」 ~1対1でご飯に行くことに違和感があるか・ないか~



「今日は早めにブログを書こう」と書き始めたら、

その前にこれを書いておきたいと思いました。

      ↓

テーマは、

「ご飯スケール」

~ 1対1でご飯に行くことに違和感があるか・ないか ~

※スケール=ものさし、尺度


このイラストの出典はこちら




「親しい」と「親しい未満」があるとして、

どこからが「親しい」と思いますか?


そんなことは感覚でいい

と、思う気持ちもあるのですが、


例えば、私が誰かに「Aさん」の話をする際、

・Aさんとは友だち

・Aさんとは親しい

・Aさんとは知り合い

など、いろいろな表現が選べます。



で、Aさんがそこにいないからといって、

勝手に関係性を「盛って」話すのって

なんかずるいなーと思っていて(笑)。


そんなことが重なった過程で、

いつしか「ご飯スケール」を持つようになりました。

ご飯スケールは、私が勝手につけた造語です。



お互いの関係性を思うとき、

私の中での親しみ基準の一つに、

「1対1でご飯に行くことに違和感があるか・ないか」

があることに気づいたのです。

誰でもあるかもしれませんね。


遠くに住んでいるとか、

タイミングが合わないとかで、

実際にはご飯に行く機会がなくても、

今の気持ちとしてどうか、ということです。


ご飯スケールに照らし合わせて

違和感がなければ私の中では「親しい」。


※ 当然、直接的に何らかの良好な言葉の

  やりとりを重ねている上での「親しい」です

交流がないのに一方的に親しいと思うのは

相手にとっては怖いことです。気をつけましょう。



このご飯スケールは見えないけど、

わりと正確なのではないかな。


そしてまた、

メモリ幅に差はあるだろうけれど、

相手も持っているんだろうなと思っています。

自分だけが測っているんじゃなくて

相手からも測られているわけです。



例外として、

上下関係が濃厚だったり、

村意識など強制的なもの、

あるいは計算的なものが作用すると、

ご飯スケールのメモリが大きくずれていても

ご飯や集いは決行されます。


でも、それ以外の関係性では、

潜在的に使われている物差しじゃないでしょうか。


「ご飯」とはつまり「時間」ということです。

時間を割いてもいい相手か、

同じ時間を過ごしてもいい相手か、

と言い換えることもできます。



このイラストはちょっとイメージが違う…



コロナ禍になって、

「人と直接会う」ことが特別なことになってきました。

会いたい人のご飯スケールの中に入れたら

うれしいことですよね。

~  ~  ~  


それで次のブログでは、
(※書きました↑)

もともと書こうとしていた

「偉そうな人」と「偉そうじゃない人」の境目

に触れたいと思います。

会いたい人のご飯スケールにかなうためにも

とっても大事な考え方だと思っています。



ではまた~✋


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。