幸せのハードルが低く、不幸のハードルが高い ~幸せに敏感・不幸に鈍感~


コロナ禍で、自分について分かったことの一つは、

幸せのハードルが低く、不幸のハードルが高い

ということです。


つまり、幸せに敏感で、不幸に鈍感。


前からそんな気がしていたけれども、

ほんとにそうだったね、と自分で思いました。


理由はいろいろあると分かっていて、

そのうち一つは、

不幸にどっぷりつかった数年間があるからです。


あれに比べたら、ほかの困難なんてそれ以下だし、

あれから抜け出せたんだから、

ほとんどのことは抜け出せる、と思える。


なのでね。

もしも、いま不幸にどっぷりつかっている人がいたとしたら、

いまは辛くて終わりが見えないでしょうけれど、

これから先が強いと思うんです。




どっぷりの時に、私が体験で得たのは、

そういうときに人に優しくすると、

ちょっと、幸せを感じられるってことです。

ちょっと、ほんとちょっとだけ強くなれるってことです。


立派なことじゃなくていいんです。

電車で赤ちゃんが泣いてお母さんが困っていたら、

お母さんが私を見ていなくても微笑みかけるとか、

そういう小さなことでいいの。


自分が困っているときは、困っている人に目がいくから、

そういう人に対して、

自分にできることをちょっとしてあげるんです。


どうせ何をやっても、苦しいのは変わらない気がするじゃないですか。

その開き直り力を、優しいことに使ってみるんです。


「それは偽善じゃないか」と思う、そこのあなた。

こういうときは偽善でよろしいんです。


もし笑顔が偽善でも、さっきの電車のお母さんは、

誰かににらまれるよりも、真顔で見られるよりも、

微笑みを向けてもらったほうが救われるでしょう?

そのお母さんが周りを見ていなくても

周りから発せられる「雰囲気」って伝わるから。


偽善、上等です。


自分にとっても、たとえ偽善でも優しくしたら

それってたぶん、弱々しくなっている自分の心の炎に、

ふ~って、小さな風を送ることになると思います。

小さな風を送って、炎を少し大きくするのです。


振り返ると、
その繰り返しって大事だったなと、思います。


不幸にどっぷりな経験を持つと、

いま私が書いているブログのように、

「経験者は語る」もできます(笑)。


その身の置き所のなさ、

ひとときの安心感もない日々、

絶え間なく襲う悲しみ、

それでも生きなきゃならない辛さ。


あるある。

でもいつか、それが底力に変わるときがきます。


そのときを、自分の目で見届けましょうよ。


瀬戸川礼子でした。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子