日本にない「多様性受容・創発力」。Forbes JAPAN Web編集部 編集長 谷本有香さんのお話


今夜はZoomセミナーに参加しました。

セミナーのテーマは、

Withコロナ時代、

グローバルリーダーに

求められるものとは


登壇者は、Forbes JAPAN

Web編集部 編集長 谷本有香さんです。



谷本さんの示唆に富むお話に引き込まれました。



谷本さんは、世界のリーダーたちに

インタビューをされています。

そんな立場で語る、

グローバルリーダーに必要な3つとは?


① 多様性受容・創発力


③ ビジョン共有力


ここでは、①多様性受容を紹介しましょう。

単なる多様性ではなく、

受容」しているかがポイントですね。




とても印象的なお話があったので

下記にシェアさせていただきます。


毎年行われる(今年はコロナで中止)

SLUSHという、世界最大級の

起業スタートアップ・投資家イベント

があります@ヘルシンキ。


そこでこんな話があったそうです。


最有力候補チームがあったものの、

経営層が全員、男性だったため

投資家は「私たちは投資できない」

言ったと。


男性しかいないような

「多様性を含んでいないチーム(組織)」は

投資価値が低い、と考えられているのです。


さらにこんな話も。


「多様性を含んでいることは、

経営を強くするということだ」

これを腹落ちしている人が

こんなに少ない国は

日本しかない。


日本の企業や経営者は、

コンプライアンス(法令順守)や

株主の目を気にして、

女性をいれておけばいいんだろうと

いう程度の考えであって、

心から多様性の重要性を考えていない。

と、何人かの著名な投資家が言ったそうです。


一部上場企業の社外取締役をしている

女性の私としても胸の痛い話。

(経営陣はいい方々です)



つまり、

多様性という言葉はわかっているけれど、

多様性を「受容」はしていないのです。

だから、「創発性」も育まれません。


~  ~  ~ 


世界から見た日本はこんなに遅れているのに、

日本から見た日本はまだまだいけてる(?)


「日本はすごい」と外国人が感激する

テレビ番組が流行っていますが、

このブログでたびたび書いているように、

日本が世界から取り残されている事態に

もっと目を向けたほうがいいんだけどな。


ほんとに、いわゆる、やばいんですよ。

悪い意味で~  (/ω\)

その現実を知り、変えていきましょう!


今夜はとても大切なお話を

数々お聞きすることができました。


読んでくださっているあなたの周りは

多様性、いかがですか?


私たちは意識して

受容・創発していきましょうね😊

ではまた~。

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

私のyoutubeチャンネル
【幸せに働き生きるヒント】こちらです。


QRコードつくりました!
アクセスしてみてくださいね。


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川礼子





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0