日本の最低賃金。東京1,013円は世界的にどのレベル?


今日のテーマは、

「日本の最低賃金。東京1,013円は世界的にどのレベル?」です。


下の写真は、ふと目にしたチラシです。

東京の最低賃金は時給1,013円。


のんさんのことは応援しています


ということで、計算してみましょう。

この最低賃金だけで生活する場合、

1,013円×8時間×20日=月収16.2万円

×12カ月で年収194.5万円

200万円にも届きません。



私は25年くらい前、

NY留学の費用を少しでも多く貯めるため、

有楽町の喫茶店でひと月だけと伝えた上で

アルバイトをしました。

そのときの時給が1,500円でした。

朝が早かったので高めでしたが、

それにしても、

あれから25年も経ってまだ1,013円って、

どんどん貧しくなっているような…。



さて、全国で最も高いのは

この東京の1,013円ですが、

最も低いのは792円で7県あります。

1円違いの793円は8県あります。

計15県で日本全体の32%を占めます。


最低の792円で計算すると、

年収は152万円です。

これで先進国と言えるんだろうか…。 


日本の最低賃金一覧表はこちら

万が一、これ以下で働いている場合は

会社側の法律違反になりますので、

会社に賃金アップを申し出ましょう。

近くの労働基準監督署に連絡する方法もあります。


~  ~  ~  


ここで国際的にどうなのかを見てみましょう。

◆最低賃金の国際比較 
 出典はこちら(東洋経済オンライン)




アメリカがさらに低いのも驚きですが、

「アメリカ連邦政府が定める最低賃金は
 2009年7月24日以降、7.25ドル」

「2020年1月に20の州が最低賃金を引き上げ。
 ワシントンD.C.やニューヨーク市は15ドル、
 ワシントン州は13.5ドル、
 カリフォルニア州は13ドル」になったそうです。



前にもブログに書きましたが、

「日本の素晴らしさ」に誇りを持つのは

いいことだと思いますし、

私も日本という国が大好きです。


けれど、かなり深刻で、

なおかつ見えにくいところに隠れていて、

近い将来、

知りたくなくても知らざるを得ない問題が

日本には山積しているという現実も

同時に見ておかなければ。



もちろん明るい未来もある!と思っていますが、

こうした現実も知っておいたほうがいいですよね。



何かの時に備えて、

できることをやっておくためです。


現実と希望。両方手にしておきましょう!

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。

youtubeはこちらです。

QRブログ用.png


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0