すべての議論は5つの図で表せる ~グラフィックレコーディングの研修を受けました~ 


気持ちのいい快晴の土曜日ですね!


私は深夜2時近くまでかかって

ついに10回目を数えるyoutubeの収録をし、

朝は9時から、中小企業診断士の理論研修を

zoom聴講しました。


↑ 
いつもは8時間 睡眠のくせに
がんばってるアピールしてみました(笑)


~  ~  ~  


さて今日のブログは、
今朝の理論研修で学んだことを少しシェアします。

「グラフィックレコーディング」がテーマでした。

議論を、図や絵で記録する手法です。


たとえばこの写真がそうです。
2019年11月にファイルメーカー・カンファレンスに登壇の折、
5人のスピーカーの話を、左の女性が素敵に記録してくれました。


すごいですよね。
話を聞きながら、即興で絵にしていくんです。


写真のグラフィックレコーディングは、

プロ中のプロの腕前ですが、

中小企業診断士の理論研修では、

そこまで出来ないので、

クライアントとの会議などにおいて

話の内容を図で表現する手法を学びました。



講師の今井先生によると、すべての議論は、

関係図・樹形図・構造図・表・集合図

のどれかで表せると。



これらの図 ↑   は、わりとよく見ますよね。

それぞれのジャンルにおいて

最も知られているものです。

私がよく使うのは、右の集合図かな。



ほかにもいろいろな表し方があるので、 

複数覚えて活用したいと思います。

どなたかの話をふむふむと聞きながら

「それはこういうことですか」と

図で説明できたら役立てそうと思いました。



研修では2つ演習がありました。

一つをかいつまんで紹介します。


父親と母親の会話を、

グラフィックレコーディングするのです。


母「うちの子、テストで60点よ」

父「がんばったじゃないか」

母「もっとできるわよ」

父「まずは褒めてあげたほうが…」

といった感じの会話です。


これをどのように図式化するか?

特に答えはないのですが、私は2つ考えました。


写真:上は関係図。
話の流れを母〇、父🔲で追っただけ。



下の図は、表(ポジショニングマップ)。
縦軸は主体性尊重と強制的。
横軸は信頼と心配。

こうするとお母さんとお父さんの考え方が
対極であることが分かります。


図に置き換えてみる作業は楽しかった!

とてもいい研修でした。
先生、ありがとうございます。

今日からいろいろ練習しよう。


【おまけ】
研修途中、男性の先生が
「ちょっと雑談」と言って、
zoomのビデオフィルター機能をやって見せました。
自分の顔を加工して遊べるんです。

先生は、パーティみたいな帽子をかぶったり、
クマになったり、女性用メイクをしたり。

これが、なかなかの画ずら(ご想像ください)。

それを参加者が静かに眺めている様子がシュールすぎて、
私は笑いをかみ殺すのに必死。
おかしすぎて最高でした。
またやってほしい!(笑)

では~。

中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0