長文を送り付けてしまう人へのアドバイス



今日は、

「長文を送り付けてしまう人へのアドバイス」

を、勝手に書いてみようと思います。



これ…、とっても言いにくいことなんですが、

同じような経験をしている友人・知人が

私の周りに結構いるんです。

やっている人がそれなりに多い感じなんです。



長文を送りつけてしまう人はきっと、

言われないと気づかないと思うので、

社会平和のために(笑)、書かせてもらおうと。



半年に1回くらい、私はあるんです。

自分の書いたものを読んでほしいということで

いきなり長文のメールが届くことが。



どのくらい長文かというと、

一気に6000文字とか、

2000文字くらいのメールを何通も続けてとか、

とにかく相当な長文です。



それはどういう人から届くかというと、

今のところ100%シニア男性です。



名刺交換をしたことがあるとか、

出版社経由でお手紙が届くとか、

FBのメッセンジャー経由とか、

いろいろなアクセス方法があります。



これとは別に、いろいろな世代の方から

純粋に本のご感想が届くこともあり、

それはもう涙が出るほどうれしいです。

引き続き大歓迎でお待ちしております.。*☆+



一方ですね、

本の感想を送る名目で連絡をくださったものの、

前述したように、実際はその方の知識や経験則が

大量の文章で届くことも少なからずあるんです。

それはもはや感想ではなく、原稿です。




で、ここから本題のアドバイスです。

総論は、送ったものを読まれたいなら、

「相手のことを優先して考える」です。



具体的には、

① 相手との関係性を考える
  家族や友人など非常に親しい間柄なら
 「よかったら読んでくれる?」で
  いいかもしれませんが
 見ず知らずの人に依頼するなら、
 自分と相手との境界線を尊重した対応や
 文面にしたほうがいいと思うんです。
 お互いがそれを生業とする、
 作家と編集者の関係ではないので。
 よって、返事を期待するのもやめましょう。


② 相手の心情を考える
  知らない人から長文が送り付けられたら、
  相手はどう感じるか?を想像してみると
  いいと思います。
  自分だけでは気づきにくいので
 「送りたいんだけどどう思う?」と、
    事前に「日々動いている人」に
  聞いてみるのもよいかもしれません。


③ 相手の時間を考える
  長文を送るということは、
  それを読む相手の時間を奪うということです。
    読む読まないは相手の自由ですが、
  少なくとも読んでほしい・返事がほしい
  と願って送っているはずなので、
  それだけの時間を相手に使わせるということを
  理解しておく必要があると思います。



長文が届いて困ったな~と私が思う場合、

また友人や知り合いが困る場合も同じで、

上記の①②③の視点がどれも欠けているんです。



加えて言うと、

こういうことをするのはベテラン男性なので、

自分より若い女性を部下みたいに

思っているんじゃないだろーね。なんて。




たくさん書いてきたから分かるんですが、

長文を書くって大変です。

時間と思いの両方が必要だと思います。

本人にとっては力作ですよね。



それほど読んでほしいものなら、

送りたいという自分の気持ちよりも、

読み手の気持ちや時間を配慮したほうが

読まれる率は高まります。



ちなみに私も、私の友人知人も、

①②③がないものは読みません。

多くの人はそうだろうと思います。



youtubeを見ても、人気の方々は総じて

「時間を奪われたくない」と動画で喋っています。



この①②③の話は、

長文のメール送信はもちろんのこと、

誰かを紹介してほしいとか、

これをシェアして広めてほしいなど、

どんなお願い事についても、

大切な観点だと思います。


・ ・ ・


ああ、言いにくかった!(笑)


言いにくいけど大切なことを書いたので

必要な方の目に触れてほしいです。


で、もし、

自分のことかなと思ったのであれば

自分を責めないであげて、

こっそりしっかり改善されたらいいと思います。



おさらいです。

総論は
「相手のことを優先して考える」

具体的には、
① 相手との関係性を考える

② 相手の心情を考える

③ 相手の時間を考える


誰かに自分の頼みを聞いてもらうときは、
事前に、①②③を考えた上で連絡していることを
伝えたらいいんじゃないかなと思います。


あと誤解のないように書いておかないと。
私は直接の知り合いで親しくやりとりしている方から
長文メールが来ても困ったなんて思いませんので、
そこは気にしないでくださいね~。


ではでは~(^^)

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtubeやってます♪




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)