事実を湾曲する受け止め方 あるある3選



今日のテーマは、

「事実を湾曲する受け止め方 あるある3選」です。


え? そういう風に受け止めるの? と

自分とは違うとらえ方に遭遇することって

誰にでもあるんじゃないかなと思うんです。



一つ目はこれ。

間違っていることを「違います」と訂正したら

「お叱りをいただき…」と返事がくるパターン。


「3じゃなくて8です」とか、

「そういう発言はしていません」とか、

ただ訂正しているだけなのに、

「お叱り」と受け止めるって何でしょうね?

「ご指摘」とか「訂正」ならその通りだけど、

叱ってないんですけど…。



2つ目はこれ。

素晴らしい話を聞いたり、景色を見たりして

「目が潤んだ」と書いたことに対して、

「号泣ですね」とコメントが来るパターン。

えっとですね、号泣は…してません。

話を盛るってやつですね。



3つ目はこれ。

「気を付けてね」と注意したことに対して、

「怒られた」とか「また礼子さんに怒られる」

とか言うパターン。





あ~分かる分かるというもの、ありましたか?

曲解したり、

話を盛ったり、

自分が被害者・相手を加害者に位置付けたりして、

事実をパッと消してしまう言葉のマジック。


まあ、いちいち気にしませんが、

1,2,3をよくやってしまうなら要注意ですね。

その人の信用に関わる気がするので。


これは盛ったイラスト。1,2,3に遭っても、
こんなに青ざめてショックを受けません(笑)。



私はインタビュアーでもあるので、

取材相手の口から出た言葉を

勝手に言い換えないようにするのが大事なんです。


紙面だと文字数に限りがあるので、

言葉を凝縮して書く必要もありますが、

できるだけ忠実に書くようにします。

そうしないと

本人とは違う人物像が出来上がってしまうからです。


・曲解する
・話を盛る
・自分が被害者・相手を加害者に位置付ける


今日取り上げたあるある3選の共通点と問題点は、

自分有利に言い変えてるってことなんですよね。


ということで、前述のように信用に関わるので

やらないほうがいいんじゃないかな~。

たまにね、話を面白くするために
ちょっと盛っちゃった、は許せるとしても、
1,2,3のやりすぎは気をつけたいと、
自分自身にもそう言い聞かせています。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


よきリーダー表紙.bmp