献血に行って来ました。~「何のために」が分かっている仕事~


今日のテーマは、

献血に行って来ました。
~「何のために」が分かっている仕事~ です。


1月11日、日比谷で人と会った帰りに、
献血してきました。
ニュースで血液が足りないと聞いたので。


20床以上ある大型の献血ルームは満員御礼。
入ってから出るまで、1時間以上かかりました。
(ま、いつもそうなんですけど)

ここは、行く度、忙しそうです。
さらに今回はコロナの感性対策で
輪をかけて忙しそうでした。

Erl4aWvUUAIonkX.jpg



なのに、
働いてる方は丁寧で献身的。

どうして感情をぶさらずにできるんでしょう。
ほんっとに忙しそうなんですよ。


受付の人も、
問診チェックの人も、
体調チェックの人も、
仮採血の人も、
本採血の人も、
終了後の受付の人も。


何十人もの方々が
みな忙しそうなのに、
イライラした感じがない。

正確にいうと1人だけいたけど、
それほどでもなかった。
みなさん、ほんと素晴らしい.。*☆+.*.。☆゚+


なぜだろう?と考えると、
「何のために」が明確だからかな。

献血の先には、血を必要としている人がいます。

つまり、人の人生、人の命にかかわる仕事。

その重要性を分かっているからなのでしょうか。

頭が下がります。


私の勝手な想像ですが、
「何のために」(WHY)を胸に抱いて
働いている方は素晴らしいなと改めて思ったのでした。


~  ~  ~ 

で、仮採血に話はちょっと戻るんですが、
ヘモグロビンが多い私はいつも

「濃いですね~♡」
って褒められてきました。10回以上。おほほほ。

でも今回はコロナでそれどころじゃないみたいで
言ってもらえませんでした。

私は善良な区民ですから、
「仕方ない」と素直に理解したわけです。


そしてです。

「血、濃いですか?」と
自分から問う作戦を繰り広げまして、

「これは、濃いです」という
力強いお言葉と、深い頷きをいただきました。
やった~♪

濃ければいいってわけじゃないですけど(笑)。


~  ~  ~  


一度、献血をしたら、
しばらく期間をあけないといけません。

 父も母もB型の私は、生粋のB。
文句あっかのB。そして濃い。
でも平穏にニコニコ過ごしているので
いい血だと思います。
知らんけど。


血は人工ではつくれないので、
人間の行動が必要です。
また、春にうかがいます。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

やっております。
25.png


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス