ブラインドタッチは一生もの! 効率を上げよう


今日のテーマは、

「ブラインドタッチは一生もの! 効率を上げよう」 です。


ブラインドタッチ
=パソコンのキーボードを見ずにタイプすること。


パソコンがない生活はもはやあり得ないので、

一生、キーボードを使うことを考えると、

ブラインドタッチの習得はお得だと思います。



※Fに左の人差し指、Jに右の人差し指を置きます。
 これが基本の形。FとJ のカーソルには突起がついています。
keyboard_typing.png



といってもーー、

いまは音声入力の精度が高くなっているし、

スマホしか使わない若者も増えているらしく、

必ずしも必要とは言えないかもしれません。

でも、人前で音声入力はできないし、

当面はブラインドタッチは活かせるのでは。



ブラインドタッチができると、
ゆっくりでも1分間に120文字くらい打てるかな。
私は200文字はいけると思う。えへへ。

ブライドタッチができないと、
その半分以下でしょうか。

人生の時間で考えると、
一方は、とても時間を得するし、
一方は、とても時間を損します。


pc_keyboard_hand_6113.png



実は私は、30年も前、13万円をはたいて、
ブライドタッチの教室に通いました。

エレクトーン講師だったから、
「キーボードの指使いは一生もの」
と分かっていたんです。


鍵盤のこともキーボードって言います。
鍵盤の指使いがなっとらんと、
上手い演奏はできません。
細かい音符が弾けません。
速い曲も弾けません。

そんなわけで、指使い、大事。

これからはパソコンの時代だし、
13万円は必ず元が取れると思いました。


まだパソコンを買う予定もなかったんですが、
そのままニューヨークに語学留学したので、
あわよくば、タイピングのアルバイトをしようと
(現地の会社に面接に行って、速攻、落とされた(笑))。


時は流れて、記者になったとき、
教室で習った指使いを覚えていたので、
超、超、早く打てる人になりました。
(最初はパソコンじゃなくてワープロでした)。

ブライドタッチが得意だから、
横を向いて人と話しながらでも記事がかけちゃう。
わはははは。

話しながらでも書けた記事は、
5W1Hだけの商品紹介のような簡単なものですけどね。


いつもこのブログも、仕事の原稿も、
ほとんどキーボードを見ずに書いています。

あのとき習っておいて本当に大正解でした。


~  ~  ~


で、いまは、13万円も必要ありません。


とかで検索すれば、たくさん出てきます。

毎日、何らかの文字をキーボードで書くけど
ブラインドタッチができない、と言う方は、
練習してみてはどうでしょう?

一本打法で文字を打っている人も
割と多いんですけど、
(ある意味すごいんですけど)
効率がかなり悪いです…。

エレクトーンもピアノもギターも琴も
指使いが出来てないと、上手くなりません。

それと同じなんです。

ステイホームのこの機に、
ブラインドタッチ、覚えちゃうのはいかがでしょうか。
楽器に比べたら、簡単過ぎるくらい簡単です。

安く、すぐ学べて、今はお得ですね!


ではでは~(^^)

ブラインドタッチの達人 (*´艸`*)
経営ジャーナリスト・中小企業診断士
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】
こちらです。
24回分のサムネ.png




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0