石切り職人の話 ~同じ仕事なのに、向き合い方が違うのはなぜ?~


本日、28回目となります
youtube【幸せに働き生きるヒント】を
アップしました。

テーマは「石切り職人の話」です。

28 サムネ.png


ビジネス系の研修では、
良く知られたスタンダートな話ですが、
一般的にはほとんど知られていないと思います。


これは、昔のヨーロッパの話で、
3人の石切り職人が登場します。

3人の職人さんは
「石を切る」という同じ仕事をしているのに、
仕事の価値観が全く違うのです。


それはなぜか?


自分自身や周りの人たちの
働くことに対する向き合い方や姿勢を
客観的に考えるに最適な話なので、
動画で撮っておこうと思いました。

社内研修でもお使いいただけます。


ぜひご覧ください。10分間です。

※ベレー帽に刺しているピンは、友だち手作りの贈り物。
 動画のいちばん最後にかぶってます。
28 サムネ.png

チャンネル登録、大歓迎💗


~  ~  ~

動画で言い忘れてしまったことを書きます(≧∀≦*)
   ↓
3人の職人さんが切った石についてです。

想像するしかありませんが、
誰の石が一番 使いやすいでしょうね?


これは、
モノそのものの品質の話でもあるし、

日本古来の考えとして、
モノにも命が宿るとしたら、
誰の石が一番 いい石でしょうね?
という話でもあります。


と、いま書いていたら、
西精工の経営者・西さんの言葉を思い出しました。

「品質とは人格である」

しびれる言葉じゃないですか!?

ものづくりは、単なる機械的な仕事じゃありません。
どんな仕事ももちろんそうです。
人間の思いが、そこには吹き込まれるはずです。


私のチャンネルでは、
西精工さんの人格を育む組織づくりを
ご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

13-.png


~   ~   ~

石切り職人の話は、
いろいろなバージョンがあるようです。

私は1990年発刊の『真実の瞬間』
という本で知りましたが、
(発刊から10年後の2000年ごろ読みました)

ドラッガーさんも本に書かれていて、
これはまた違うバージョンです。

いろいろなバージョンがありますが、
要するに、同じ仕事でも向き合い方が違う
ことを客観視し、

あなたは誰を選ぶ?
誰として選ばれたい?
それにはどうすればいい?

ということを考える機会をくれています。


ちなみに私は3人目でございます(*^^*)

ではまた~♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス