10千円とか10百万円の表記は誰が考えたの?


こんにちは。
今日はガーデニングショップの定点観測に行きました。

よしよし。春は近づいていますよ

F8A03E4A-3586-46F4-BB6E-90397A3DD8D6.JPG



さて、本日のテーマは、

10千円とか10百万円の表記は誰が考えたの?

です。



「1000円」とか「10000円」の表記に気持ち悪さを感じ、

カンマをつけた「1,000円」「10,000円」にしてくれ

と思う人が、世の中には一定数いる模様です。

私の知り合いにもいます。



でも私はこれよりも、

10千円とか10百万円の表記がだめ

気持ち悪いというより、頭がついていきません(笑)。

一応、中小企業診断士なんですけど、

拒否反応が出ちゃうし、パッと理解できません。



なのでいつも、1万円とか1千万円とか

メモし直しています。

お仲間、いますか~?


だって、
6,377千円とか、分かります?

こんなややこしい表記にしないで、

637.7万円にしてほしいんですけど(≧∀≦*)



で、なぜこんな分かりにくい表記が浸透しているの?

と思って調べてみたら……、

法律だったんですね。


なんて迷惑な (笑)。

どうせなら、万単位にしてほしかった。

567.8百万円よりも、
5,678万円のほうがずっと分かりやすいのに。


とtwitterに書いたら、
自分も苦手ですというお二人がコメントをくれて、
新たな表記を教えてくれました。

◆ 「1mと表記する場面に
   出くわしたこともあります」
  ※1ミリオン=百万円のこと。

◆「20M¥と書いてありました。
  これで2千万円と読みます」


ひゃー、もう無理無理。これは暗号です。


~  ~  ~

会社計算書類規則57条をつくった人達は、

桁の多い数字がコンパクトに表記できるよう

千円単位、百万円単位を考案したんでしょう。

とすると優先順位は、

人が理解しやすいことではなく、

表記のコンパクトさだったのかな。


「人に理解してもらいやすいように伝える」
これを私は考えていきたいな。


これでも中小企業診断士の瀬戸川礼子でした。


1回目のサムネ完成.png





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0