何事も無駄はない。すべてが栄養になるというお話


こんにちは~。

今日のテーマは、

「何事も無駄はない。すべてが栄養になる」



私は記者になって28年になりますが、

まったく畑違いのところからやって来た者です。



エレクトーンの先生を丸4年やって、

働きながらアルバイトもして300万円を貯め、

大好きなニューヨークに丸1年暮らし、

帰国後は、数カ月プータローになり、

派遣社員とかもやって、

その後、幸運なことに、

現在の経営ジャーナリストに繋がる

出版社に入ることができました。



当時はまだ高卒だったので、学歴はおろか、

コネも実力もないのに、入れた。


それはなぜかというと、

実は、音楽ができたからなんです。


electone_girl.png



偶然にも編集長が、

子どものころからの夢だったという

ピアノを習いたてだったんです。



編集長は、事業家の家に生まれたお坊ちゃんだったけれども、

父親が事業に失敗してしまい、貧しい暮らしに。

ずっと習いたかったピアノを、いまやっと習えるんだって、

とても嬉しそうでした。



私が元エレクトーン講師ということで、

入社の面接の最後に、見せられたものがあります。

music_gakufu_open.png


「この楽譜 読める?」

当時の私にとっては、そんなの朝飯前。

初見で歌ってみせました。


「へえ、すごいね。じゃあこの曲は?」

「ららら~♪」


「これもできる?」

「ら~らら~ら~♪」


3曲くらい歌ったんじゃないかな。

出版社の面接で、ですけど(笑)。


はい、合格!


これぞまさしく、芸は身を助く。



エレクトーンが弾けたって、楽譜が読めたって、

いい記事が書けるかは分からないのに、

「この人がいいんじゃないか?」って思ってもらえた。


いや~、音楽が採用ポイントになるとは

思ってもいませんでしたけれども、

全てが栄養になるんですね。


ま、私も明るく元気に、飾らず素直に、

受け答えしましたけどね!(笑)。



さらにちょっと冷静に考えると、

先生になるまで一つのことをやる人っていうのは、
そうそう簡単に音を上げないタイプ、と思えるし、

音楽の感性は、文章にも生かせそうだし、

留学していたんだったら度胸がありそうだし、

生徒を持っていたんだったら人を見る目があるかも、

と、そういう「おまけ」的な要素もあったかもしれません。




自分で自分の強みを書いてお恥ずかしいんですけど、

これは私に限ったことではないんです。

すべての人にとって、一見、その仕事、その環境では

役に立たない経験・知識・情報であっても、

何らかの形で価値を持つんだろうと思うんです。



なので、今やっていることに力を注ぐって

未来のためにも大事だな~と思うわけです。

何かが身を助くことがありますから。




今日はふと、この話が浮かんできました。


ではではまた~(^^)/

元ヤマハ・エレクトーン講師で
今は経営ジャーナリスト・中小企業診断士で
youtuberの瀬戸川礼子でした。


見てね~♪ こちら
28 サムネ.png









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0