森喜朗氏の発言に思う ~唯一 期待すること~



「女性がたくさん入っている
 理事会の会議は時間がかかります」

「(女性のことを指して)わきまえている」

 などと発言した森喜朗氏。


いかに時代遅れの考えか、
いかに女性に対して無礼で、
いかに国際的に恥ずかしいことかーー、


本人は、立場を守るために、
頭では理解したようですが、
心からごめんなさいとは
思っていない感を受けます。


日本はジェンダーギャップ指数(男女格差)
121位の、世界的な後進国。

そんな日本で、
長年、エライ人として生きてきた
83歳の男性の考えが、
いまさら変わるとは思いません。

その点では全く期待していません。


ただ、私は「変わらない」ことによって、
一つだけ期待していることがあります。


国際的に注目される立場の人が
この手の発言をすればするほど、

世界から叩かれ、呆れられ、
それが日本国内で報道されたり、
拡散されたりします。


例えば、こちらのtwitterは、
国際オリンピック委員会(IOC)
ヘイリー・ウィッケンハイザー氏のもの。
カナダ代表の元 女子アイスホッケー選手で、
4大会連続の金メダルを獲得した方です。 

はー.png


↑ なんて書いてあるかというと、

「朝のビュッフェで、この男性を絶対に追い詰めます。
 東京でお会いしましょう!!」


ありがたい…。

こうした数々の意見や報道によって、
「許されないんだ」と
理解していく人が日本国内に増えていきます。

心で「ダメなんだ」と感じる力はなくても、
頭で「ダメそうだ」と保身として理解はできる。

すると、少しずつ、少しずつ、
日本のジェンダーギャップもましになっていく。

私が期待するのは唯一、この点です。


なので反面教師として、
なんならもう一回くらい失言してもらって、
「女性と男性は平等なんだ」
「女性を低く見るのは許されないんだ」
「めちゃめちゃ恥ずかしいことなんだ」
と、日本中に知らしめていただきたい。


一人の日本人女性としては、以上です。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子およびデビル・レイコでした。

【clubhouse 本日!】
2021年2月5日(金)19:30〜20:40
″ぐいぐいやらないリーダーシップっていいよね”
with Terue Shibata.
. Join us!
joinclubhouse.com/event/MRL3vvd5


1回目のサムネ完成.png