高卒で大学院に入り、エレクトーン講師から経営ジャーナリストになった理由


今日アップした

youtube【幸せに働き生きるヒント】

改めましての私の自己紹介(前編)です。


Solo Travel Hacks (65).png



私は学歴も職歴も変わっています。

学歴は、高校を出た約20年後に大学院にっています。
(法政大学専門職大学院・経営学修士号 08年卒)

高校は進学校でもなんでもない普通の学校で、
赤点は取ったことがないけど、
勉強は別に好きではありませんでした。
(義務教育の授業ってそんなに面白くなかったような)

※ 大学院に入った話はyoutube「後編」で。


また仕事は、
20歳でエレクトーン講師になり、
その後、出版社に勤めて、
いまは経営ジャーナリストです。

ほか、講師・コンサル・委員、
社外取締役などバリエーションがあり、
得体が知れないかもしれません(笑)。


私は、一般的なレールの上を
歩いたことがありません。

でもそもそも、
人それぞれが人生オリジナルの
レールを歩いているのですよね。

~  ~  ~


動画の中では喋っていないのですが、

私の高校の同級生は、
ほぼ高卒で就職しました。

だいぶ前に同窓会に出たとき、
自分は仕事はできるのに
高卒だから大卒の後輩に
肩書で抜かれてしまい悔しい、
という言葉を聞きました。

それは確かに悔しい。


私の考えでは、
最初の4年くらいは、
高卒と大卒の年収が違うのは理解できる。
知識も違うと思うし、
大学の授業料は250~500万円かかるから、
高卒より給与を高くしてあげないと
割に合わない。

けれども入社4~5年経てば、
人によっては能力の差がなくなります。
また人間性は学歴と関係ありません。

高卒の18歳と、大卒の22歳の学歴だけで、
定年までずっと差をつけられるなんて
ちょっと私には信じられないし、
やってられない。


かといって、
学歴社会はそう簡単に変わらないと思います。

なぜなら、社会を牛耳っているのは
高学歴の人たちなので、
やすやすと自分たちの特権を
手放すはずがないからです。


私は「高卒かっこいい」と、
心底思っていましたし、
学歴で差をつける職場にいませんでした。

エレクトーン講師は学歴は関係ないし、
入社した出版社も関係なかったです。
私は高卒の女性でしたが、
有名大学卒の男性2人よりも先に
副編集長になりました。

これは自慢話ではなく、
学歴を重視しない会社もある、
と言いたいのです。

~  ~  ~


もし、学歴に劣等感を覚え、
それが辛いなら、
学歴で差をつけない場に
移動する手段もあります。


独立するとか、
また現在は副業もできるので、
そこで力を発揮するとか。

めちゃめちゃ努力が必要ですが、
(私は初めて胃潰瘍になって、
 死ぬのかなと思いました~)
そうすれば、
学歴社会に染まらず生きられます。


~  ~  ~


学歴によって、
地位や給与に差をつけられることが
多いわけですが、
総合的には人生の優劣が
決まるわけではないと思います。

人生の優劣があるとすれば、
それはどれだけ人に優しくし、
ありがとうと言ってもらえたか、
笑い合えたか、ではないでしょうか。


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

後編も見てね~。


Solo Travel Hacks (65).png



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0