落ち込んだときに思い出してほしい話 ~バッドボタンがついたので~


こんにちは! 今回は、

落ち込んだときに思い出してほしい話 です。


実は、先日アップした
youtube【幸せに働き生きるヒント】の

ダメバッドボタンが1つ付いたんです。

新しい画像.bmp


右がそれです~
新しい画像 (1).bmp



目に入った瞬間、グサッ!
免疫がないので、
しょぼ~んとしていまいました。

たった一つで、人を凹ませる。
負のパワーはすごいです。


で、ひとしきり凹んだ後、
この話を思い出しました。
     ↓

~  ~  ~


あるところに、
多くの人から尊敬されている
お釈迦様を見て、
ひがんでいる男がいました。


その男は、
自分がひどい言葉で罵(ののし)れば、
お釈迦様もひどい言葉を言い返し、
それを聞いた民衆は、
お釈迦様に失望するだろうと考えます。

そして、
お釈迦様の散歩中に待ち伏せして、
目の前で口汚く罵りました。


ところがお釈迦さまは、
ただただ、黙っているだけでした。

そばで聞いている弟子たちは
悔しさのあまり、
「あんなことを言わせておいていいのですか」
と言いますが、

お釈迦さまは黙っています。


何の反応も返ってこないので、
とうとう男は罵るのをやめました。

その姿を見て、
お釈迦さまは男に聞くのです。

「他人に贈り物をしようとして、
その人が贈り物を受け取らなかったら、
その贈り物は誰のものだろうか」

男は答えます。
「そりゃ、受け取らなかったんだから、
 贈ろうとしたほうの物だろうさ」


すると、お釈迦さまは静かに言われました。

「そうです。
 あなたは私を罵りましたが、
 私はあなたの罵りを受け取りませんでした。
 ですから、あなたが言ったことは、
 あなたが受け取ることになるのですよ」


~  ~  ~  


たった1つのバッドボタン。
今回、私はうっかり受け取っちゃったんですけど(笑)、

その悲しみをツイートしたら、
読んでくれた友だちから
メッセージやコメントやLINEや電話が来て、
ほんとみんな優しいなあ~♡と。

結果、数々の思いやりを受けて
温かな気持ちになりました。


~  ~  ~  


私は自分が発信するだけではなく、
いろいろな人のyoutubeを見ますが、
2つの理由から、もともと
バッドボタンは使わないんです。

一つは、気に入らなければ
その動画を観るのを止めればいいだけで、
アクションする必要もないから。

二つ目は、バッドボタンを押して
自分の怨念みたいなものを
半永久的にネットの世界に漂わせるのは、
自分に良くない気がするから。


この二つ目の考えは、
お釈迦さまの話に
ちょっとだけ近いかと思います。


~  ~  ~ 


変えられるのは自分の行動のほう。
自分で自分を幸せに導いていきたいなと
改めて思いました🍀😊


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

30個のサムネ.jpg