芸能事務所から芸能人が独立しやすくなっている流れは普通のこと


こんにちは。

twitterで知ったところによると、

ジャニーズグループのV6は今年11月で解散し、

うち一人は独立するようですね。



このように、

芸能事務所から芸能人が

独立しやすくなっている流れ

好意的に見ています。


ようやく普通になってきているのかな、と。


※しやすくなっているかどうかは
本人の感じ方によると思いますが、
増えているし、前ほど騒がれなくなりました。



私は全国の会社取材を
28年間、行ってきて思うのです。

どんなに優良企業だって人は辞めます。

そして、
どんなに人財育成に多額のお金と

長い時間をつぎこんでいても、

どんなにがっかりしても、

まともな会社は
辞めた人をいじめたりしません。


いじめないということは、
偉くも立派でもない、
ごくごく当たり前のことです。



もちろん、

「入社したい」と門を叩いた本人が

恩返しもせずにさっさと会社を辞めるのは

いかがなものかと思います。

(これを繰り返すと、
 本人にもろくなことがありません)。



でもそれでも、

会社は気持ちを切り替えたり、

もっといい採用を考えたりして、

次の人を探すわけです。



そもそも会社は働く人たちから

「ここにいたい」と思われる

会社にしていく必要があります。



芸能事務所に所属する芸能人の独立は、

その人が人気者で、キャリアもあり、

もう十分、恩返しをしたのでは?と

思える年月が経っても、まだなお、

事務所に縛られるようなイメージがあります。



ですが、そもそも人は、どこで働こうと自由です。

それがすべての人間の権利です。

見えない鎖で縛ったり、縛られるべきじゃない。



お世話になったとしても、

永遠に居続けなくてはならない義務はありません。

辞めていくことは、いわば普通のことです。



なので、遅すぎると思いましたが、

公正取引委員会が、

「芸能事務所が契約終了後の
 芸能人の芸能活動を
 不当に制限することは
 独占禁止法に違反する」

と意見を掲げたのは

大いに意義のあることでした。



育てた人が去って行くのは、

会社にとっては辛いことです。

まして優秀な人や人気者が離れて行くのは

業績に直結する痛手でしょう。



でも、仕方ないのです。

本当にこれはもう、仕方ないのです。

辞めたいとか、別れたいとか、

要するに気持ちが冷めている人を

留めておくことは、普通、できません。


覆水  盆に返らずです。




悲しかったり、残念なことだと思いますが、

辞めたい人を尊重し、

お互いが思いやりをもって

感謝で別れられたら、

新たな恩が互いに生まれ、

いつか助け合いもあり得ます。


それは、
個人にも社会にも意義深いことなのです。



Good Luck!
IMG_1488.jpg


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちら
30個のサムネ.jpg