人を育てるに一番むごい教育とは?


今日のテーマは、

「人を育てるに一番むごい教育とは?」です。


珍しく歴史の話 ~ ~ ~


後の徳川家康である松平竹千代(当時8歳)を

人質にとった今川義元は、

家来に命じました。

「むごい教育をせよ」


大人になった徳川家康 ⤵

nigaoe_tokugawa_ieyasu.png



さて、「むごい教育」と聞いて

あなたはどんな光景が浮かびますか?


家来たちは、8歳の竹千代に
このような教育をあてがいました。


粗末な食事しか与えず、

休みもほとんど与えず、

厳しい武術の訓練をさせたのです。


ところが、命じた義元は激怒します。

むごい教育とは、そういうことではない、

朝から晩まで贅沢をさせよと言うのです。


贅沢な食べ物を与え、

好きなだけ寝させ、

夏は暑くないように、

冬は寒くないように計らい、

学問を嫌がるならさせなくていい。


「そのようにすれば、
 たいていの人間はだめになる」と。


いや、ほんとに。
今川義元、おそるべし。

これぞ、むごい教育です。

~  ~  ~


さて、私たちは(恐らくみなさんも)大人なので、
こうした「むごい教育」を自分に与える張本人は、
自分自身になると思います。


空いている時間を、
ソファーの上でまったり過ごすのも、
パチンコや競馬などギャンブルに費やすのも、
ゲームをして過ごすのも、
自分の自由で何の問題もありません。

また、
将来の身になる読書に当てるのも、
研修を探して受けるのも、
資格の勉強をするのも、
筋トレするのも、
これも自由です。


どういう過ごし方が、
未来の自分にとって
「むごい過ごし方」になるのか、
ここはちょっと考えておきたいところです。


「今」の楽しさと、
「未来」の楽しさ。
どちらも大切なんですが、

今を楽しみ過ぎて、
未来に影が差したら嫌ですよね。 

優先順位を決めて、
むごくない過ごし方をしましょうね!


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


私は良い研修の受講を勧めます! こちら。

Solo Travel Hacks (60).png


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川 礼子
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと - 瀬戸川 礼子