誰も私に興味はない、誰もあなたに興味はない、の意味


こんにちは。今日のテーマは、

誰も私に興味はない
誰もあなたに興味はない

一見、キビシ~タイトルですが
大事な観点なので、
お付き合いくださいね!😊


twitterをやっている方は周知の事実ですが、

私のtwitterはこちらフォローしてね~。
EzDnxnEVEAEiE08.png


ツイート画面 で必ずこう聞かれます。

「いまどうしてる?」

私、当初は律儀に応えていました。
「つぶやき」と言われているし。

でも、違いました。
これは罠でした

私がいまどうしているかなんて、
誰も興味がないんです(笑)。
もしあったら怖いです。

よほどの有名人でもない限り、
誰がいまどうしているかなんて
どうでもいいんです。

そうじゃないですか?


twitterで求められているのは
「いまどうしているか」ではなく、
「知識・経験・意見」なのです。


みなが「知識・経験・意見」を持ち寄るから
豊かな場になります。


例えば私は、
いい会社を取材する
経営ジャーナリストであり、
中小企業診断士でもあるので、

それらにまつわるツイートが
求められています。

料理の写真は求められていないし、
映画の感想も必要ない。
植物の話題も喜ばれないです。


もし、私が植物の話題を出すときは、
いい会社の人財育成や
チームワークに例えて書きます。

大事なのは、
自分の得意分野にからめて書くこと。

(いつもできているわけじゃないのですが)



タイトルの、
誰も私に興味はない、
誰もあなたに興味はないとは
つまり、そういうことなのです。


私にもあなたにも
もともと大きな価値があるんだけれども!

プライベートのご飯を
食べている場ではないので、

公共の場では、
個人的な「なにしてる」ではなく、
みんなの役に立つ「知識・経験・意見」
に価値があるのです。


ほかの人を客観的に見てもそうです。
医師なら身体や病院の情報を、
音楽家なら音楽のことを、
画家なら絵のことを、
書いてほしいじゃないですか。


自分が書きたいことよりも、
相手が読みたいことを書く。


これを原則として守り、
つまりGiveを続けていれば、
たまには自分の「いまどうしてる」
を書いたとき、いいね!がもらえます。


どうでもいいことだけど、
「つぶやきたい」と思ったとき、
普段、価値を提供している貯金を
使えるんです。


日常生活も同じ原理原則ですよね。
人のために動いている人は、
何かのときに力を貸してもらえるわけです。


私はマーケティング力が足りないな~と
自覚しているんですけれども、
twitterのお陰で、
ちょっとだけ理解が進みました。


一方、Facebookはここが違っていて、
知り合いが多い村のような環境なので、
「いまどうしてる?」に、反応をもらえます。

みんな優しい
だから穏やかで楽しくていいのですが
マーケティング感覚の面だけ見ると、
たぶん、あんまり育たないので、
FBよりシビアなtwitterも併用して
やっています。


~  ~  ~


公共の場においては、
誰も私に興味はない。
誰もあなたに興味はない。


いまどうしているかはどうでもよくて、
あなたの知識・経験・意見が求められている。


だから、自分が書きたいことよりも、
相手が読みたいことを書く。



この感覚を持っておくことで、
自分の話を聞いてもらえるのだと思います。


なんか今日も
いいことを書いてしまった気がするなあ。
と、自分の価値を自分で感じてみたりして。

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

またね~♪


チャンネル登録1,000人目指しています。

クレームの動画はこちら
23 クレームに反論.png





アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の現場にて



今日のテーマは、

アンコンシャス・バイアスの現場にて

です。


アンコンシャス・バイアスとは、
無意識の偏見のことです。

・コンシャス=意識
 → UNがつくと無意識

・バイアス=偏見


最近、私は聴衆として
その「無意識の偏見」の現場を体験しました。


ある話し合いを聞いていたら、
若い女性の発言をさえぎる
男性がいたんです。

前にもそういう行動が
何度もあったみたいで、
女性は言いました。


男性の発言はさえぎらないのに、
女性の発言はさえぎろうとする。

こういうことが無意識に行われるのを
アンコンシャス・バイアスと言って、
アメリカの調査では、
女性は男性の4倍、
発言をさえぎられやすい。


そうなんだ、と
私は興味深く耳をすませました。



467d01b311985960c26eeb109bafba01_t.jpeg



すると、その場にいた男性たちは
攻撃されたと思ったみたいで、
次々に正当化の言い訳を始めました。

誰もアンコンシャス・バイアスが
あったことを認めませんでした。

と、別の女性が先ほどの女性に加勢し、
アンコンシャス・バイアスだ、と言いました。



私は部外者でしたが、
女性たちが、おかしいことを「それはおかしい」
と発言する場面に遭遇し、
大切なことだ、と思いました。


もちろん、相手をぐさぐさ刺しちゃだめで、
(かえって耳をふさいでしまうから)
言い方が大事なんですが、
とにかく「言う」ってことが必要だな、と。


あの場にした人は、私も含めて
男性も女性もLGBTの人も区別なく、
「これがアンコンシャス・バイアスか」
と学習したことでしょう。


反論していた男性たちをはじめ、
女性も女性を差別することがありますので、
「女性の意見ばかりさえぎる」
ことを無意識にやっていた人は、

次にまたやろうとしたとき、
「あ、自分は男性の意見はさえぎらないのに、
 女性の意見はさえぎろうとしている」
と、気づくようになっているはずです。


これすごく大事だな~と思って。

なぜなら、
気づかない限り、直せませんから。


発言をさえぎる行為は、
アンコンシャス・バイアスの
ほんの一例なんですが、
気付くことから始めたいです。



clubhouseでの一場面なんですけどね。
clubhouseのことは
書いちゃいけないみたいなんですけど、
人物は特定されないし、
こういう情報は社会的に価値があるので
自分の判断で書きました。


アンコンシャス・バイアスに
どんどん気づいて直していきたいですね!


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちら。
30個のサムネ.jpg








質問の型「お礼+短く感想+質問」を持っておこう


今日のテーマは、

「お礼+短く感想+質問」が質問の基本

です。

kyosyu_smartphone_woman.png



講演でも、セミナーでも、
最近流行りのclubhouseでも同じですが、

質問するときの基本形って、

「お礼+短く感想+質問」だなと。


例えばこんな感じ:
今日は〇〇なお話をありがとうございます。
私は〇〇なので、〇〇が印象に残りました。
質問は〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇~。



昨日、clubhouseを聞いていて、
こういうことがありました。

いい話をしてくれたゲストに対し、
質問の手が次々挙がったんです。

すると、
・いきなり質問する人
・質問しないで自分の話をする人
・質問なんだか感想なんだかわからん人

いろいろいるわけです(笑)。


kyosyu_man.png


そうした中で、
「お礼+短く感想+質問」

この3つを踏まえられる人は、
感じよくて聞きやすく、
思いやりが感じられ、
賢い人って印象も受けるし、
質問者にとってプラスになり、
質問を受ける側も、
うれしいと思ったんです。



質問するときって、
ドキドキするじゃないですか?

本当は「ありがとう」って言いたかったのに、
「ここがよかった」も言いたかったのに、

「言えなかった~」
「自分勝手な人になってしまった~」
そんな風に、
後で後悔することもあり得ます。
それは残念ですものね。


だから、
「お礼+短く感想+質問」
型として持っておくと
いいんじゃないかな、と思いました。


clubhouseやテレビで人の話を聞いたら
自分でこの型をつかって、
イメージトレーニングしてみてくださいね~。

いざという時に役立つと思います!


ではでは~

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちらです。
Solo Travel Hacks (68).png


著書




🍀

発言とその人を分けて考える💡


今日のテーマは、

発言とその人を分けて考える です。


electric-light-bulb-emoji-by-google.png


twitteやFacebookなど
SNSをやっている方は
思い当たると思うのですが、


この人の、この発言は残念…

ということが起こりますよね?


いつもは共感していたりすると、
裏切られたような気がするかもしれません。
(私もそう思われていたりして


でも、思うんです。
それだけで「がっかり認定」するのは
違うんだな、と。


よほどの差別発言・ハラスメント発言、
そして自分が魂レベルで大切にしていることを
踏みにじる発言をされたら、
がっかり認定は仕方ないと思います。


でもそれ以外はまあ、
目をつぶってもいいんじゃないかな。


例えば私はここでもたびたび書いているように
従業員という言葉が嫌いです。
家畜じゃあるまいし、
「従わせる」という漢字が嫌なんです。


17.png



けれど、出会った経営者が
「うちの従業員は~」と言っても、
それだけでがっかり認定はしないです。


正確に言うと、
聞いた瞬間はがっかりしますが、
それはそれ、と切り離します。


なぜなら、
言葉は「従業員」を使っていても、
実情は人を大切にしているかもしれないし、
その人は私に気に入られるために
発言しているわけではないし、
違う人間なのだから、
違う考えなのは当然だからです。


まして、SNSだけで繋がっている人のことは
普段の姿も、背景もわかりません。
つまり、発言はその人から出た「部分」であり、
その人の「全体」を表しているとは
限らないのです。



もしこういうことで
いちいち人との間に壁をつくっていたら、
どうなるでしょう?
自分の周りは、
自分でつくった壁だらけになります。


そんな小さな世界で生きるのは、
自分自身にとって損ですよね。


よって、その瞬間はがっかりしても、
あとでちゃんと冷静になり、
発言と人そのものは
切り離して捉えるのが
世界を狭めないコツ、と考えています。


善悪で考えても、
損得で考えても、
壁はできるだけつくらないほうがいいです🍀



経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】やってます♪
30個のサムネ.jpg








プロジェクトが失敗する1つ目の理由とは?


39回目のタイトルは、

プロジェクトが失敗する1つ目の理由
です。


2つ目も3つ目もあると思いますが、
この動画では1つ目に目を向けています。



Solo Travel Hacks (70).png



出典は私の本『顧客満足の失敗学』です。
「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する! - 瀬戸川 礼子


この本は、大学院の修士論文がもとになっています。
卒業した年(2008)のクリスマスに出しました。


春に卒業して、夏には本の原稿が完成。
おおもとがあったにせよ、
大幅に書き直したので、
想像以上に大変だったな~。


今思えば、1年間学業で走りっぱなしだったので
ちょっとお休みすればよかったのですが、
早く終わらせてすっきりしたかった。
気持ち的にいっぱいいっぱいで、
無理をしちゃったな、と思います。


でもがんばった甲斐あって、
自分なりに納得のいく本が出せました!


この本は、顧客満足度が高く、
業界誌にもたびたび取り上げられ、
他社の見学も多かった工務店が倒産してしまった
現実の話をもとに、

「それはなぜか?」を
追跡・分析した本です。


すでに存在しない会社の取材は初めてでした。


~  ~  ~


会社が倒産するとき、
その理由は「お金がなくなったから」です。


しかし、それは最終的な結果であり、
倒産に至る道筋には、
いろいろな要因が複合的にからみあっています。


私は倒産を分析するに当たり、
組織力でとらえることにしました。


~  ~  ~


修士論文を書いた時点では間に合わなかったのですが、
卒業後、倒産した工務店の
元経営者にお会いすることができました。
さらに、元社員にも複数人お会いできたのです。

しつこく粘れば、どこかで縁がつながるのですね。


元経営者と元社員にじっくりヒアリングをして、
「そのとき、どんなことが起きていたのか」
を話していただきました。


そのあたりの定性的な情報は
ぜひ本をお読みください!
リアルに書いています。

~  ~  ~


今日youtubeにアップした動画では、
倒産の原因の一部である
顧客満足対策の失敗フローを紹介しています。


倒産した会社の経営者はアイデアマンで
いろいろな取り組みに精を出しました。


しかし、欠けていたものがありました。


それは他の会社でも数えきれないくらい
耳にしてきたことで、
どんなプロジェクトにも共通すると思います。



それを動画でお伝えしています。 こちら
Solo Travel Hacks (70).png



次回は「成功フロー」を紹介するのですが、

現実のものごとは、
「失敗」「成功」と
きっちり分けられるものではありません。


失敗の中にも成功する部分があり、
成功の中にも失敗した部分があります。

混ざり合っているのが普通です。


でもまあ、分かりやすく説明するために、
「失敗フロー」
「成功フロー」と2タイプを紹介しています。


ご覧くださいねー 


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした!









旅館八景のおかみさんとclubhouseでお喋りします!


こんばんは。
昨日はブログを書いた気になって、
書いていませんでした


今日はお知らせです。

再び clubhouseで番組をやります♪

2021年4月18日(日)、19日(月)、20日(火)


岡山県・湯原温泉旅館 八景
おかみ 上塩浩子さんとお喋り。

一本すっと芯の通った、
けれどもしなやかな感性の方です。

お話しするのがとっても楽しいんです。


まとめ.jpg


2020年末、
宿泊客からの理不尽なクレームに
真っ向から反論した浩子さん。

それを目にした人が文面をtwitterに投稿すると、
なんと、22万いいね!
5万リツイートの大反響がありました。


誰でも見られる旅行サイトに、
堂々と反論する女将さんって初めてでは?


共感して私のyoutubeでご紹介しました。
ぜひこちらからご覧ください。
23 クレームに反論.png



おもてなしの履き違えに一石を投じてくれた浩子さんは、
まさに風の時代の人


上下ではなく、まあるいつながりを大切に。
お金ではなく、心地よさを優先する。
おかしいことは、おかしいと言う。
閉塞的な保守的な世界と迎合しない。


つまり量ではなく、
質を大切にしているのです。

先日、お電話で1時間以上、盛り上がりまして、
それは大事な「どう生きるか」の話なんです。

これはclubhoueで他の方にもお聞かせしたい!と。


オブラートに包まない本音トーク
一緒に楽しみませんか?

浩子さんのお話、有料級です。
ぜひぜひお聞きください。


一夜目 旅館に愛されるお客さんはこんな人!


二夜目 経営者とスタッフは仲良くなれますか? 


三夜目 自分の人生を生きようよ!



今のところ、iphoneしかアプリ対応していませんが、
ラジオみたいに音声だけですから、
お気軽にご参加ください。

まとめ.jpg


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。






呼吸と人生の原則 ~吐くが先、吸うが後~



人は「おぎゃー」と息を吐いて人生を始め、

息を吸って人生を終えると言われます。


aff723bce5ff4e7438decd61fcabf104.jpg


その始まりを見た人は多くても、
その終わりを見た人は少ないと思いますが、
私はあるのです。



昔、祖母の臨終がまさにそうでした。

母と病院にお見舞いに行ったときのことです。

意識はなく小さな息をしていた祖母が、

突然、大きな息を吸いました。



思わず、母と顔を見合わせたほど大きく。


そして、気づいた時には旅立っていました。


そのときは呆気に取られていましたが、

いま振り返ると、お見事でした。



~  ~  ~


私たちが普段、行う呼吸は、

「吸って~、吐いて~」の順番ですが、

本当は逆。



吐くが先、吸うが後。



日常の人生も
この繰り返しで流れていくのなら、

優しさも冷たさも、

自分が吐いたものに見合うことを
後で吸うことになるーー。


この順番を忘れないでいたいです。


今日4月8日はお釈迦様の誕生日だと気づき、
祖母を思い出しつつ、
そんなことに思いを馳せました。


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

自己紹介①はこちら
Solo Travel Hacks (65).png


自己紹介②はこちら
Solo Travel Hacks (68).png





いい会社は本業以外の「一見、無駄なこと」をする


こんにちは!

今日のテーマは、

いい会社は本業以外の 
「一見、無駄なこと」をする

です。



今月の『帝国タイムス』の
連載「よきリーダーの心得」では、

本業以外の取り組みをご紹介しました。


今回は社内編、次回は地域活動編です。
帝国 twitter.jpg



具体的には、

・さまざまな有志の会
・会社の外の掃除
・月1回の誕生会などなど。


これらは、
やらなければならないものではないし、
時間がそこに削られますし、
それで儲けられるか分かりません。


ですが、
私が取材させてもらってきたいい会社は、

本業以外の「一見、無駄なこと」を取り入れ、
それを継続し、成長の糧にしています。


本業以外もすごいのはなぜか?


その理由は本紙や拙著
そしてyoutubeでも紹介しています!




愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。





中小企業診断士になっても絶対にやらないと決めていたこと  ~試験監督の優越感は恥ずかしい~


おとといアップした
youtube【幸せに働き生きるヒント38th】。

Solo Travel Hacks (68).png


動画では言わなかったことを
追加で書いておこうと思います。


(私は2008年に診断士登録しました)


テーマは
中小企業診断士になっても絶対にやらないと決めていたこと  
~試験監督の優越感は恥ずかしい~


私は、
「中小企業診断士になっても絶対にやらない」
と決めていたことがありました。


それが、試験監督です。



test_shiken_businesswoman.png

↑ こういう風に(なんか私に似てる😊)
一生懸命、試験を解いている受験生を
上から見下ろし、監視する役目です。



ベテランの人だけでは足りないみたいで、
毎年、合格1年目の人から募集するんです。


有志で一緒に勉強していた人の中には、
優越感を得るために、
「合格したら試験監督をするのが夢」
と、言う人が結構、いましたけど、

それを聞いた私は心の中で、
「下品だな」って思っていました。
(↑ むかしの話だから書いてしまおう)


私はいくつかの有志の勉強会に入っていて、
ほかにもそういう人たちが多かった。
何十人もの間接的な勉強仲間がいたわけです。


よって、試験監督になったら、
去年まで有志で一緒に勉強していた人を
監視することになる可能性があります。
それはわりと高い確率です。


実際、私は受験生のときに経験しています。
親しい人じゃなかったけど、
一緒に勉強した人が、
試験監督になって私を見下ろしていた。


その人は優越感を覚えたでしょうか。


私は合格してもそんな優越感はいらないし、
もっと言うと、
そういうことに優越感を覚えるのは
恥ずかしいことだと感じました。

いまも、そう思います。

診断士の試験に限らず、
たいていどんなことについても、
優越感を持つのは…。


診断士の勉強過程では、
このように知識以外で気づいたことが
たくさんありました。


「優越感」について気づけたのは
とても大切な学びだったと思います。


優越感が好きなグループと、
優越感が恥ずかしいグループと、
世の中は2つのグループがあるのかもしれません。

後者は、優越感をまったく感じないのは
人間として無理なんですけど、
あからさまにしないということですね。

私が出会ってきた、すてきなリーダーは後者です。


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。



私のちょっと変わった職歴はこちら
Solo Travel Hacks (65).png


私のちょっと変わった学歴はこちら
Solo Travel Hacks (68).png



仕事メールで「これはやめて~」3点



新学期、新年度が始まっています。

今日のテーマは、

仕事メールで「これはやめて~」3点。


business09.jpg


では早速、いきます♪


①すべての件名を名前にするのはやめて~
 ・「瀬戸川です」というように、
  どのメールもすべてこの件名にされると、
  あとで確認したいメールが非常に探しにくいです。
  件名=内容にしてほしい。
  

②返信履歴を消すのはやめて~
 ・下に返信履歴を残しておいてくれれば、
  1つのメールで過去のやりとりを
  すべてさかのぼれて便利です。
 ・消すほうが丁寧だと考える方がいますが、
  プライベートはともかく、ビジネスのやりとりでは、
  履歴を残したほうが効率的で親切です。


③署名を必ず入れて~
 ・メールは手紙と同じ。必ず署名(氏名)を。
 ・仕事メールは自動署名を活用してほしい。
 ・同じ時期に、別件で同姓の人と仕事をしていると、
  苗字だけだと、訳が分からなくなる(笑)。
 ・至急、電話する必要がある場合、
  スマホの電話帳に入っていないと
  調べなくてはならず手間なのです。



とりあえずこの3つはお願いしたいことだし、
細かいことですが、この先ずっと役立つと思います。

年間で換算すると、
小さな配慮でお互いが効率化できます。

なにとぞ~。

デスクワークの現場からは以上です。

愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


Solo Travel Hacks (68).png


高卒で大学院に入った理由。中小企業診断士試験に逆ギレ⁉




35回目のテーマは、

高卒で大学院に入った理由。
中小企業診断士試験に逆ギレ⁉ 

です。

Solo Travel Hacks (68).png



診断士の勉強を始めたのは、

信頼して声をかけてくれる方々の
その信頼に傷をつけたくない、

知識があまりにもないという
コンプレックスを克服したい、

そんな思いがあったからでした。


そしてここから1年間の大学院を含め、
7年間の浪人生活。


高卒の私は、
最後に「受験」をしたのは中3のとき、
受験に対する向き合い方とか、
効率のいい方法とか、
ぜんぜんわかりません(≧∀≦*)

基礎がなさすぎた。


けれど、動画のとおり、
試行錯誤で勉強を続け、
どん底に落ちても
這い上がっていきました。


実直に力をつけていったのです。


が!


浪人6年目にして
ついに逆ギレ

「冗談じゃないわよ」


↑ 動画でご確認ください(笑)。


でも、
この逆ギレが功を奏しまして、
大学院への道が姿を現しました。

前編でお話したとおり、
高卒の学歴にはプライドがありました。

その一方、好奇心が沸き上がり、
大学院に入る!と思ったのです。


でも実は、今も高卒の感覚があり、
院卒の人よりも高卒の人のほうが
自分に近いな、と親しみを感じます。

学歴が高くなって有り難いけれど、
やっぱり私は学歴には興味がわかないです(笑)。


だから、ブログとかtwitterとか、
プロフィール欄の一番最初に、
卒業して何十年も経っているのに学歴を書く人…。
あの感覚がわからん


~  ~  ~


動画では言いませんでしたが、
私はオールAの成績で卒業しました。

私の次に高卒で大学院に入る人へ、
少しは道を整えられていたらいいな
と思います。



Solo Travel Hacks (68).png



あと前編で言ったので、
後編ではもう言いませんでしたが、
やはり学歴と人間性は関係ないです。


強く優しく。これが大事ですね。


あと本論とは関係ないことですが、
私が今回の動画で一番気にしているのは、
自慢話に思われないか…ということです。

これだけ浪人しておいて
自慢もあったもんじゃないけど(笑)。


それと、チャンネル登録や「いいね」ボタンは
本当に非常に心からうれしいです。
押してくださった方、ありがとうございます。

あなたが想像する何倍も、私は喜んでいまして、
次の収録の張り合いになっています!

ワンクリックで大きなHappyをくれて
ありがとうございます🍀

人に幸せを与えられる人には、
それにふさわしい、
またはそれを上回る幸せが来る。
これが世の中の仕組みです(^^)💗



ではまた~♪


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。





世界男女格差指数2021 ジェンダーギャップ日本は120位の低さ


4月1日に発表された
「世界男女格差指数2021」
(ジェンダーギャップ指数)


年度は2020年
2021.png


順位が低いほど、
格差が大きいということになります。


日本は120位で、
昨年の121位から改善は見られませんでした。


<どんどん下がる日本の順位>

2006年     80位
2007年   91位
2008年   98位
2009年 101位
2010年   94位
2011年   98位
2012年  101位
2013年  105位
2014年  104位
2015年   101位
2016年   111位
2017年   114位
2018年   110位
2019年   121位
2020年   120位


これが現状です。
日本が下がったということは、
日本は努力をしなかったのであり、
他国のほうが頑張ったわけです。


~ ~ ~


ジェンダーギャップ指数は、
政治、経済、教育、健康と
4つのジャンルがある中、
特に日本が低かったのは、

政治:国会議員の数で140位。

経済:立法者・高官・管理職の数で139位。

結果として総合120位。


153カ国中のランキングですから、
後ろから数えたほうが断然早い。



世界的な視野で見れば、
日本はこういう状況なんだということから
目を背けない必要があると思っています。


女性の地位が低いということは、
女性が生きずらいだけではなく、

男性が無理をして辛い思いを
している確率も高いはずです。


日本経済は下降しています。
女性が家を守らないと
経済が立ちいかなくなる?
それが間違いであることが
証明されているのです。



「女性の時代」でも
「男性の時代」でもなく

「男女同権の時代」を望むばかりです。


9ページ目が世界ランキングです。


愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtubeやってます。こちら
Solo Travel Hacks (65).png





元気があれば何でもできる? 「勇気とは本来、自分に目を向けてもらうことだ」


こんにちは。
今日のテーマは、

「元気があれば何でもできる?」です。



元気があれば何でもできる、
はアントニオ猪木さんの有名な言葉ですね。

それも言えると思います。
この言葉で元気になる人もいると聞きます。


で、私にとっては、
「勇気」のほうがピンと来ます。
勇気があれば何でもできる、と。


なぜなら、元気があっても、
勇気がなければ動けないからです。


あらためて考えてみましょう。
「勇気」とは、

・いさましい意気。物事を恐れない強い気力。
 (広辞苑)

・恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしい
 などと感じる事を恐れずに向かっていく
 積極的で強い心意気のこと。 
 (wikipedia)


いやほんとに、↑ これが勇気ですよね。


私は思うんですが、
勇気とは自分以外の何かとの戦いではなく、

上記のような恐怖や恥ずかしさという
「自分の中にあるもの」との戦いなのです。


youtubeを始めるまでに
3年もかかった私のように、
行動を阻止しようとするのはいつだって、
失敗や批判を恐れる自分自身です。



米国で心の研究をしている
ブレネー・ブラウンさんは、
次のように言っています。


「勇気とは本来、自分に目を向けてもらうことだ」


そうなんですよね。
一番怖いのは、自分に向けられる目なんです。


恐竜や爆弾が襲ってくる時代じゃありません。
襲ってくるのは世間の目です。


ですので、
「勇気とは本来、自分に目を向けてもらうことだ」
ということになるのです。


島国・日本では特にそうでしょう。



元気も大事。
そして勇気はもっと大事。
私はそう思います。

元気があっても勇気がなくては
羽ばたけないけれど、

元気がなくても勇気があれば
羽ばたけます。

難病を抱えながらもいろいろなことに
挑戦している方々が
それを証明してくれています。


勇気を持つには、
弱い自分を認めて肯定すること。
そんな自分の価値を自分で認めること。


新しい学期や年度になって、
勇気が必要になる人も多い時期かと思います。


勇気を持ってやってみましょう。
成功よし、失敗よし、再挑戦なおよし。



「新しい学期や年度」と打ち込んだつもりが
「新しい楽器や粘土」と変換されてワクワクした
愛の経営ジャーナリスト・中小企業診断士
瀬戸川礼子でした!


Solo Travel Hacks (65).png





2021年4月のおついたち 生命の言葉


2021年4月1日

新しい道に歩み出した方の多いおついたちです。


今月の言葉は、
「人のお世話にならぬよう
 人のお世話をするよう
 そしてむくいを求めぬよう」
後藤新平

167102072_3347315992034813_7801783729913040373_n.jpg


生きていればどうしても人のお世話になるけれど、

お世話をする側になったときは

報いを求めなければ平和ですね。

すべての人にとって佳き4月でありますように🍀✨


瀬戸川礼子でした。



youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちらです。

Solo Travel Hacks (65).png



6冊目の本です。