アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の現場にて



今日のテーマは、

アンコンシャス・バイアスの現場にて

です。


アンコンシャス・バイアスとは、
無意識の偏見のことです。

・コンシャス=意識
 → UNがつくと無意識

・バイアス=偏見


最近、私は聴衆として
その「無意識の偏見」の現場を体験しました。


ある話し合いを聞いていたら、
若い女性の発言をさえぎる
男性がいたんです。

前にもそういう行動が
何度もあったみたいで、
女性は言いました。


男性の発言はさえぎらないのに、
女性の発言はさえぎろうとする。

こういうことが無意識に行われるのを
アンコンシャス・バイアスと言って、
アメリカの調査では、
女性は男性の4倍、
発言をさえぎられやすい。


そうなんだ、と
私は興味深く耳をすませました。



467d01b311985960c26eeb109bafba01_t.jpeg



すると、その場にいた男性たちは
攻撃されたと思ったみたいで、
次々に正当化の言い訳を始めました。

誰もアンコンシャス・バイアスが
あったことを認めませんでした。

と、別の女性が先ほどの女性に加勢し、
アンコンシャス・バイアスだ、と言いました。



私は部外者でしたが、
女性たちが、おかしいことを「それはおかしい」
と発言する場面に遭遇し、
大切なことだ、と思いました。


もちろん、相手をぐさぐさ刺しちゃだめで、
(かえって耳をふさいでしまうから)
言い方が大事なんですが、
とにかく「言う」ってことが必要だな、と。


あの場にした人は、私も含めて
男性も女性もLGBTの人も区別なく、
「これがアンコンシャス・バイアスか」
と学習したことでしょう。


反論していた男性たちをはじめ、
女性も女性を差別することがありますので、
「女性の意見ばかりさえぎる」
ことを無意識にやっていた人は、

次にまたやろうとしたとき、
「あ、自分は男性の意見はさえぎらないのに、
 女性の意見はさえぎろうとしている」
と、気づくようになっているはずです。


これすごく大事だな~と思って。

なぜなら、
気づかない限り、直せませんから。


発言をさえぎる行為は、
アンコンシャス・バイアスの
ほんの一例なんですが、
気付くことから始めたいです。



clubhouseでの一場面なんですけどね。
clubhouseのことは
書いちゃいけないみたいなんですけど、
人物は特定されないし、
こういう情報は社会的に価値があるので
自分の判断で書きました。


アンコンシャス・バイアスに
どんどん気づいて直していきたいですね!


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちら。
30個のサムネ.jpg