本業以外の取り組みと意義(地域貢献編)


こんにちは。
日が伸びましたね~。


さて、
私は『帝国タイムス』の毎月5日号で、
「よきリーダーの心得」を連載中です。

IMG_3904.jpg


2021年5月5日号は24回目。

テーマは、
「本業以外の取り組みと意義」(地域貢献編)です。


最も尊い社会貢献活動は本業だ、
と私は思いますが、

いい会社は本業以外のことにも注力しています。

本業は儲けが出ますが、
本業以外の、例えば街の掃除や福祉活動は
儲けが出ないのはもちろん、
むしろ出ていくほうが大きいです。

なのに、
なぜ、儲からないことをやるのか?

会社によっていろいろな理由がありますが、
本業以外の取り組みをすることで、

気づく力や人間力アップや関係性の質的向上に
つながるなどなど、理由があります。

これらは、ダニエル・キム氏が発表した
「成功循環モデル」と結びつけて
考えることができます。


また、本業以外の取り組みをする理由としては、
純粋に役立ちたいという思いもあります。

その、
役立ちたい→役立てた、という思いがまた、
仕事のやりがいにつながっていくのです。


人って基本、優しいことが好きなのです。
幸せな気持ちになりますよね。
それは見えないけれど大きなパワーです。

~  ~  ~


ところで、これは私の本業の話ですが、
2000年1月に独立して以来、22年間、
いろいろな媒体で連載を書いてきました。

一つの連載が終わっても、
その終わる前から新しい連載が始まるように
なぜかなっていて、
一回も連載が途絶えたことがありません。

これは本当にありがたいことです。
多いときは4本連載があったかな~。

紙媒体は世の中から減っていますが、
今はこのブログやyoutubeなど
自分発信できるSNSがたくさんあるので、
万が一、依頼される媒体がなくなっても
伝えたいこと、役に立つと思われることを
自ら発信していけるのは幸運です。

そして、ここから本業以外の話ですが、
取材執筆という本業を一生懸命やっていたら、
講演、研修、コンサルなどの
新しい仕事がやって来てくれて、
時間とともに本業になっていきました。

かたくなに本業にこだわって
「これしかやらない」ではなく、

「これもやってみよう」の
オープンマインドで
これからもやっていきまーす。

ではまた~

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】
こちらの動画でも詳しく本業以外の話をしています。

13.png


16.png




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス