謙遜しすぎは傲慢である説


こんにちは。

今日のテーマは、

謙遜しすぎは傲慢である説

です。


謙虚なんだけど謙遜しすぎない、
絶妙なバランス感覚の経営者の方々から、

「謙遜しすぎは傲慢である説」を
聞くことがあります。



具体的には、
会議の司会や、何かのリーダーや、
はたまた昇進のときなど、
ある役割を頼んだとき、

「自分にそんな資格があるのか?」
考える人がいると。

それは一見、謙虚そうだけれど、

「そんな資格があるかどうか」は
他者が決めることであり、
自分で決めるというのは、
自分自身に対しても、
他者に対しても傲慢であると言うのです。

人をこき使う経営者たちではないので、
素直に受け入れて成長してほしいという
願いも込められていると思います。

なるほどです。


~  ~  ~


またこういう場合も、
謙遜しすぎは傲慢である説になると思います。

先日 twitterで私が、
ある人を「明るくて賢い人」と書いたら、

「人を賢いと判断するのは不遜である」
というようなリツイートがあったんです。

それで私は、
「賢い」というのは才知・思慮・分別などが
優れている様のことであり、
上から目線ではないと書いたのですが、


リツーイトした人は、日ごろから、
「人が優れているかを評価する主体に
 自分がなりうるかと
考えていた」ために
反応したとコメントが来ました。


私はそこまで暇ではないので
もうやりとりはしませんでしたが、
これって、謙遜しすぎは傲慢である説
に当てはまるのでは?


謙遜しすぎると表現が狭まり、
自分ができない表現や
自分とは違う表現をした人を疎み、
リツイートの形で批判し、
反論されると自分の謙虚さを持ち出して
さらに反論するという論法なのです。


「人が優れているかを評価する主体に自分がなりうるか」
というのなら、

「賢い」だけではなく、
「あの人は優しい」
「立派な人だ」
「努力家だ」などなど、
あらゆる形容詞を使えなくなります。

「私は人を優しいと評価する主体になりうるだろうか」
「私は人を立派だと評価する主体になりうるだろうか」
いちいち悩まなきゃなりません。

そして、「あの人は優しい」「立派だ」と表現した人を
「人の優しさや立派さを判断するのは不遜である」
と否定することになります。

要するに、
「人を評価する主体になれるだろうか」
と謙虚ぶる本人が人を評価しているわけで、
わりと傲慢(笑)。


謙遜しすぎは傲慢である説


気を付けたいですね。

本日の担当は(お気づきでしょうが)デビルレイコでした。

publicdomainq-0050617hlm__1_-removebg-preview.png

またの名を経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

普段はこちら↓ ご安心ください(笑)


30個のサムネ.jpg




人は自分の中の陰に怯えているのではない。自分の中の光に怯えているのだ



今日のテーマは、

人は自分の中の陰に怯えているのではない。
自分の中の光に怯えているのだ

です。


今年に入ってから、
表現は多少異なるのですが、
こういう考え方をよく目にします。


そして見にするたびに、
「そうだ」と思うのです。


人と同じことを良しとし、
自分と違うことを厭(いと)う。


そういう世間は、
「あなたの光を控えなさい」と
いろいろな方法で言ってきます。


特に日本はその傾向が強そうです。
子どものころからそうだし、
社会人になる前段階になってまで、
リクルートスーツを着させる社会です。
それなのに「個性を求める」とは、よく言うね。


一人一人は光をオリジナルで持っています。
光とはつまり「可能性」のことです。


ところが世間は、
「女は」
「男は」
「学生は」
「子供は」
「親は」
といった感じで、一律にさせようとします。


これにどっぷりつかってしまうと、
光の出し方を忘れてしまいます。

そして、光を出したときの
世間の反応を恐怖に感じます。
まだ出してもいないのに。


そんな人生もったいないです。


分かりやすいところで言うと、
好きでもないのに、
無難な色の服ばかり着てちゃだめですよ(笑)。
好きならいいけど。


邪魔されても、光を放とう


「人は自分の中の陰に怯えているのではない。
 自分の中の光(可能性)に怯えているのだ」。


スギ薬局の創業者夫妻のワクチン接種について、秘書が優先予約を依頼した件。


今日のテーマは、

スギ薬局の創業者夫妻のワクチン接種について、
秘書が優先予約を市に依頼した件

です。


私は同社を取材したことがないので
お会いしたこともないのですが、

このニュースを耳にして、
「秘書に指示したとは思えないな」
と考えました。

なんといっても「薬局」の創業者ですし、
「自分さえよければ」の考えでは、
さすがにここまで大きく(1000店舗)
できなかったと思うのです。
それでも付いて行くなんて人は少ないでしょうから。



東京新聞のネット記事より こちら
スギ.png


午後になってHPをみたら、
早速、弁明が載っていました。


この弁明を見る限りでは、
がんを患った相談役(創業者の妻)の身体を
おもんぱかるあまり、
秘書が自分の意思で動いたようです。

また、創業者はアナフィラキシーショック
を経験しているため
そもそもワクチン接種を望んでいないと。


私はこれについて責める気にはなりません。


市にも問題があるけれど、
私が最も気になるのは行政ではなく、
次のことです。


もしも、本当に、
秘書の「優しさ」で動いた結果だとしたら、
この秘書はどれほど身の置き所のない日々を
過ごすだろう、と。


秘書は相談役を尊敬していた、
と仮定すると、
大切な人の身体を気遣うあまり、
世間の目、公平な目を持てなくなってしまった。

そのために、
大切な人と、大切な人が人生をかけて育ててきた会社、
その両方の社会的な信用に傷をつけてしまった。

その後悔は察するに余りあります。


また、相談役や創業者はどんな思いで
いるだろうということです。

夫妻は、秘書に何て声をかけるんだろう。
会社はこの秘書を処分するのだろうか。

その前に、秘書は辞表を出すんじゃないだろうか。
会社は受け取るのだろうか。

たとえ、理念の共有に力を注ぎ、
教育をしていたとしても、
こうしたケースは起こる可能性があり、

失敗に対する会社の判断が、
会社自身の未来の性格にも
影響を及ぼしていくはずです。

こういう点が気になります。


~  ~  ~


HPの代表(創業者)あいさつにこうあります。

お客様の満足度を第一に考え、
社員の幸福や仕事に対する
モチベーションを大切にするという、
「創業の理念がぶれない経営」
を続けてまいります


秘書にはモチベーションがあったと思う。
今回の内容は間違っていたけれど…。


~  ~  ~


真相は分からないから推察だけれど、
もし純粋に優しさでやってしまったことなら、
本人は相当、失望しているでしょう。
これ以上、周りが痛めつけなくていい。


「人を思う優しさ」とはーー。

考えさせられるニュースです。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

30個のサムネ.jpg





心の健康を保つ50の方法


本日アップした
youtube【幸せに働き生きるヒント43th】

テーマは「心の健康を保つ50の方法」です。

Solo Travel Hacks (77).png


日本で初めてコロナ感染者の確認が
報道されたのは、去年2020年1月16日。

2月3日には客船の集団感染が報道され、
その後まもなく、
客船とは無関係で渡航歴もない高齢者が
初めてコロナで亡くなり、

じわじわとコロナの認識が広まっていきました。


そして2021年5月10日の今日、
世界中がコロナウズ、じゃなくて
コロナ禍の中にいます。

影響を受けていない人は
一人もいないでしょう。

その影響とは、
仕事や移動制限だけではなく、
心にももたらされています。

私自身、「コロナに強い」と思っていたら、
意外とナイーブ💗だったことも
判明しましたし(詳しくは動画で)、

友人からも、なんとなく凹む、
なんとなく不安という言葉が
ちらほら聞かれます。

そんな背景があり、
「心の健康」に焦点を当てた動画をつくりました。

~  ~  ~

私は仕事では「先生」と
呼ばれることが結構ありまして、
先生が弱い面を見せるのは格好悪いと
考える方もいるかもしれません。

でも逆に、
強そうな人だって凹むことがあり、
それを公表したっていいんだ、と
勇気を感じてもらえるんじゃないか。
そう思ったのです。

な~んだ、そうか。
自分が凹むのとおんなじだ、って。

私の場合は、未病のさらに手前くらいの
段階だったとは思うのですが、
心の話が普通にできる世の中のほうが
人間は生きやすいはずです。

今回の話が
そういう安心材料になればいいと思います。


~  ~  ~


当初この動画は、私自身の経験とアイデアを
伝えることだけを考えていたのですが、
収録の1日半前、FB友達のみなさんに
心の健康対策を教えてくださいと呼び掛けたら、
思いがけずたくさんの協力をいただけました!
うれし~。

収録に間に合わなかった人もいれると
31人の方がコメントをくれました。
ありがとうございます❣


それで、
具体的なアイデアを何十個も羅列するより、
区分けしたほうが頭の整理がしやすいので、
ポジショニングマップをつくりました。
動画で詳しく紹介しています。


このMAPには、収録に間に合わなかった分も入ってます

SNS用お礼MAP.png


「他者の力を借りる」の「屋外」に
植物、自然と触れ合う
がありますよね。

私は植物が大好きなので
とっても共感する!って言いたかったのに、
なんだか話が飛んでしまって、
さらっと終わっちゃいました。
なぜ~(≧∀≦*)

植物はいいですよ
あんなに献身的な存在はありません。
無言の癒し、無言の友だち、無言の先生です。


~  ~  ~

あと動画の概要欄にも書きましたが、

コーチングも心療内科も、
コーチや医師との相性が大切
とよく聞きます。
1回目で決めなくていいので、
まずはお試しからという感じでね。

~  ~  ~

今回の動画もまたやってしまった、
「チャンネル登録お願いします」を
言い忘れました。
しかも、テロップでお願いするのすら、
忘れました。

営業に向いてません…。

チャンネル登録して
もらえるとうれしいです。
いいね!ボタンもうれしいです。


今回の動画、
「心の健康を保つ50の方法」
一人でも多くの方の役に立てますように~。


Solo Travel Hacks (77).png


経営ジャーナリスト・中小企業診断士
youtuberの瀬戸川礼子でした。





電話は時代遅れですか?


こんにちは。

今日のテーマは、

電話は時代遅れですか?

です。


「電話は時代遅れ」
「電話で邪魔をされるのが嫌」
「電話は記録が残らないから不便」

そんな考え方が
世の中に生まれているのは知りつつも、

私は研修やコンサルのご依頼時は、
電話することが多いです。

最初にまず声であいさつできれば
お互い安心できるからです。

声には計り知れない
たくさんの情報が入っています。

口を開けた笑顔

こちらからお電話をすると、
嫌がられるどころか喜んでいただけるし、

最近では
「やっぱりyoutubeと同じ声ですね」と、
面白がってもらえることが判明しました。


同一人物でございます(笑)。
42 社長のお金.png


一度、声であいさつをして、
そのあとメールでやりとりしたほうが
気持ちも速度もスムーズだと感じています。

時代の風は取り入れながらも、
画一的に考えるのではなく、
ケースバイケースでいいんじゃないかな。

いま10代、20代の人は
電話ってどうなんだろう。
違う感覚かもしれないけれど。


ではまた~

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】はこちらです。
30個のサムネ.jpg




本業以外の取り組みと意義(地域貢献編)


こんにちは。
日が伸びましたね~。


さて、
私は『帝国タイムス』の毎月5日号で、
「よきリーダーの心得」を連載中です。

IMG_3904.jpg


2021年5月5日号は24回目。

テーマは、
「本業以外の取り組みと意義」(地域貢献編)です。


最も尊い社会貢献活動は本業だ、
と私は思いますが、

いい会社は本業以外のことにも注力しています。

本業は儲けが出ますが、
本業以外の、例えば街の掃除や福祉活動は
儲けが出ないのはもちろん、
むしろ出ていくほうが大きいです。

なのに、
なぜ、儲からないことをやるのか?

会社によっていろいろな理由がありますが、
本業以外の取り組みをすることで、

気づく力や人間力アップや関係性の質的向上に
つながるなどなど、理由があります。

これらは、ダニエル・キム氏が発表した
「成功循環モデル」と結びつけて
考えることができます。


また、本業以外の取り組みをする理由としては、
純粋に役立ちたいという思いもあります。

その、
役立ちたい→役立てた、という思いがまた、
仕事のやりがいにつながっていくのです。


人って基本、優しいことが好きなのです。
幸せな気持ちになりますよね。
それは見えないけれど大きなパワーです。

~  ~  ~


ところで、これは私の本業の話ですが、
2000年1月に独立して以来、22年間、
いろいろな媒体で連載を書いてきました。

一つの連載が終わっても、
その終わる前から新しい連載が始まるように
なぜかなっていて、
一回も連載が途絶えたことがありません。

これは本当にありがたいことです。
多いときは4本連載があったかな~。

紙媒体は世の中から減っていますが、
今はこのブログやyoutubeなど
自分発信できるSNSがたくさんあるので、
万が一、依頼される媒体がなくなっても
伝えたいこと、役に立つと思われることを
自ら発信していけるのは幸運です。

そして、ここから本業以外の話ですが、
取材執筆という本業を一生懸命やっていたら、
講演、研修、コンサルなどの
新しい仕事がやって来てくれて、
時間とともに本業になっていきました。

かたくなに本業にこだわって
「これしかやらない」ではなく、

「これもやってみよう」の
オープンマインドで
これからもやっていきまーす。

ではまた~

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】
こちらの動画でも詳しく本業以外の話をしています。

13.png


16.png




「〇〇を別の言葉で言うと?」


こんにちは。
GWいかがお過ごしでしたか?

私は基本ステイホーム。
子供の日だけ実家に日帰りしました。
両親の結婚記念日なのです。


さて今日のテーマは、

「〇〇を別の言葉で言うと?」

です。


これは、思考がクリアになる我流の遊びです。


例えば
「働きがいを別の言葉で言うと?」
→「〇〇〇(の大きさ)」


「人間の透明感を別の言葉で言うと?」
→「〇〇のなさ」


「環境問題を別の言葉で言うと?」
→「〇〇と〇〇以外との分断」。


こんな風に別の言葉で表現すると、
もとの言葉も、自分の考えも
よりクリアになる気がするんです。


さきほどの3つ、
私はこんな風に言うかな~。

「働きがいを別の言葉で言うと?」
→ 主体性(の大きさ)


「人間の透明感を別の言葉で言うと?」
→ 執着のなさ


「環境問題を別の言葉で言うと?」
→ 自分と自分以外との分断



質問は何でもありです。

・地球を別の言葉で言うと?
・人生を別の言葉で言うと?
・珈琲を別の言葉で言うと?
・睡眠を
・仕事を
・youtubeを
・空を


正解も不正解もない、
自由な思考の世界です。

で、正解も不正解もないことを
考えるほうが難しいと
感じる方もいると思いますが、

もしそうなら、そこを堪えて(笑)、
くだらないことをふざけて
考えてみてください(^^)

散歩しながら楽しめます♪

これからもっと
正解のない世界に突入すると思います。

「私はどう思うか」の
予行練習をしておきましょー。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

youtube【幸せに働き生きるヒント】
30個のサムネ.jpg












会社の借金を個人保証する社長の思い、語ります


こんにちは。

youtube【幸せに働き生きるヒント】
42回目をアップしました。


テーマは、

会社の借金を個人保証する社長の思い、語ります

42 社長のお金.png


「社長」という響きだけで、
高給取りで、自分ばかり豊かな生活で、
人に指図していいよね~、みたいな。

そんなイメージを持つ人が
多いと感じています。

確かにそういう人もいるでしょうが、
私が取材で出会ってきた社長、
そしてその後、仲良くなった社長は
かなり違います。

人と会社を愛する良心的な人で、
私腹を肥やすのを喜びにして
働く人ではないのです。

しかも、
親しい経営者すべてではありませんが、
会社の巨額の借金を
個人で保証している人が多い。

万が一、倒産したら、
自分の家もお金も取られてしまい、
一文無しになるリスクを背負っているのです。

もし自分だったら…と思うと
かなりの恐怖じゃないですか?


でもその重さを本人たちは語りません。
それが役割の一つだと思っている。
立派。

~  ~  ~


で、万が一のときは、
お金も大変な上に、
日本は人の目が冷たいんです。

「がんばった人」ではなく、
「負けた人」として烙印を押すから。

倒産した経験を、
めったにできない大きな価値だと
認める人は少ないです。


日本の会社って、
技術や機械やITなどに「投資」するところが、
とっても少ないんですけど、


例えば、研究開発費への投資をアメリカと比較すると、
日本は恐ろしく低い。
中企庁 (1).png


日本の会社が投資に消極的な一因は、
失敗したときのリスクが大きすぎる、
という面がきっとあると思います。

~  ~  ~

私はいつもは、
社員の味方と見られていると
思うんですけれど(確かにそうです)、
社長だって同じくらい大切な存在であり、
どちらの味方でもいたいんです。


「分かってもらわなくていい」
と思っていても、
もし分かってもらえたら悪い気はしないはず。
直接的な問題解決にはならなくても、
元気や勇気が今よりちょっと増えるはず。
人ってそういうものじゃないかしら。

一生懸命、良心的にやっている人を
やっぱり私は勝手ながら応援したい。


本当にいい会社って、
社長や会社が社員を守っていると同時に、
社員が社長や会社を守っているんだけど、
そうではないところもまだまだ多いです。


一人(社長)が、個人の資産を差し出す代わりに
会社と社員の生活が守られている現実を、
同じ船に乗っている人は知っていないことが多い。

私なりにいろいろな思いがありまして、
今回は、良心的な社長は自ら語ろうとしない、
個人保証についてお話ししました。

いわゆる親戚のお節介なおばさん役です(笑)。

ホントは、副社長とか専務とか、
いわゆるナンバー2の立場の人が
こそっと社長のいないところで
社員に言ってあげてほしいけれど~。

昔の番頭さんみたいな人がいなくなっているから、
代わりに出しゃばりました。

~  ~  ~

個人保証については、
外すことができた社長の話など
今日、語り切れなかった話があるので、
別の動画でちゃんと伝えます。


~  ~  ~

昨日は終日、収録していて、
今日はテロップを入れたり編集したりで
身体がなまっております。
身体の代わりは誰もいないので、
いまからお散歩してきます。


みなさまも身体と心の健康、大切に♡

42 社長のお金.png


経営ジャーナリスト・中小企業診断士
youtuberの瀬戸川礼子でした。













2021年5月のおついたち 生命の言葉



早くも5月のおついたちです。

今月の言葉は、

「怠らず 行かば千里の末も見ん

 牛の歩みの よし遅くとも」

(坂 静山/江戸時代の歌人)


179909450_3428191147280630_3738012928913175580_n.jpg


〜 牛のように遅い歩みでも、
  怠らずに行けば、
    遠い道のりのゴールに
    辿り着くことができる 〜



ふと思い出すのはガンジーの言葉。

「善きことは、カタツムリの速度で動く」


大切なことをコツコツ続けていきましょー。
今月もすべての人に佳い月でありますように✨

瀬戸川礼子でした。

30個のサムネ.jpg