取り引きがプツンと終わるとき


こんにちは。
昨夜の、東京オリンピック開会式
ご覧になりましたか?
短い感想は最後に~。


さて今日のテーマは、こちら。

取り引きがプツンと終わるとき


ちょっとドキッとするテーマですが、
私にとっても大事なお話なのでシェアします。


高級飲食店のオーナーに電話取材で聞いた話です。

コロナでいろいろ見直してる中、

仕入先をいくつか変えるそうです。



飲食店が仕入れ先を変えるのは、

消費者がスーパーを変えるのとは

わけが違う大変さです。



でも、変えようと思う、とのこと。



その理由にはもちろん、

もっと美味しくていいものを

積極的に仕入れたい思いがあります。

これはごもっともですよね。


で、もう一つの理由が

「なるほど~」でした。


オーナーが言うには、

先代の時代から過去30年間、

ずっと食材を買ってきたのに、

一度も来店してくれない卸売ってどうなの?

と思ったからと。


ここ、大事ですね。


超がつくような高級店ですから、

そうそう簡単に行けないお店です。

でも、30年間、一度も、

このオーナーが継いでからは15年間、

一度もお店に来ないのはちょっと…。



実はこの話を聞いて、

私も思い出すことがありました。

十数年前、個人で起業する人に頼まれて、

診断士として助言したことがあります。

当時、いろいろな集まりで合うことが多い人で、

見返りはいらなかったし、

無事に起業できてよかったです。



で、この人は、私に会うたびに、

「一生、足を向けては寝られません」とか、

なんだかすごい感謝を口にするんです。



ところが、その後、何度もチャンスがあった

私のオープンセミナーには一度も来ませんでした。

来てほしかったわけじゃないんです。

ただ、一度も来ないということによって、

口先だけの「ありがとう」だと、わかっちゃった。

こうなると、言われたほうは白けてしまうというか。



高級飲食店のオーナーと、

そういうとこ大事ですね~と、

ひとしきり共感しました。



取り引きがプツンと終わるとき、

それは突然ではなく、積み重ねの結果なんですね。

この話は他人事ではなく、

「人の振り見て我が振り直せ」だと思ったのでした。



~  ~  ~


【東京オリンピック開会式の感想】

2つだけ。

① 知らない国がたくさんあって、
みんなマスクしていて、でもみんな笑顔で、
とにかくいい思い出を持って帰ってほしい、
そしてまた日本に来てほしいと思いました。
オリンピック委員会はぐだぐだですが、
選手には一切、何の罪もないので、
いい時間になってほしいです。

② 選手入場の際、両脇に並んで、
全身で選手団を歓迎していた方々。
長時間ずっと大歓迎!を保っていて、
献身的だな~と思って見ていました。


yorokobu_43646-300x300.jpg

それではまた~

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


659.jpg






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)