自分をいじめた人とどう向き合う? 良心を守るための一つの考え方


こんにちは。


先週アップした動画はこちら。
Solo Travel Hacks - 2021-07-19T155220.642.png


先生にいじめられたシリーズの前編・後編となっています。

~  ~  ~


では、今回の動画のおまけブログです。


なんだか…、
オリンピック開会式 音楽担当だった
小山田圭吾さんのいじめ問題の時期と
重なりましたが、これはまったくの偶然です。

また、
小山田さんがしてしまったこと…、
ここまで壮絶な内容になってしまうと、
今回、私が動画で伝えている内容は
あまり参考にならないかもしれません。


それでもやはり「自分の良心を守る」ことは
自分にしかできないことだという思いが
強くあります。



それと、
小さな男の子が「おかあさ~ん」と
走り抜けていった場面、

あんなタイミングって、
普通、ないと思いませんか?

あれは、たぶん神さまの仕業だなと
実は私、思っているんです。
(無宗教ですけど)

私の性格を見越して、
男の子を絶妙なタイミングで送り込んだ。

めっちゃいじわるな人間だったら、
子どもの前で言ってやろう!と思うでしょうが、
私はそんなにいじわるじゃございません(笑)。

いじわるって頭を使うから、
私には無理なんです(笑)。


神さまは、O先生の子どもという
最強の刺客を登場させて、
私の戦意を骨抜きにした。


まあそれで、私は守られたわけです。


あのとき、悪魔のほうが勝っていたら、
いまだに苦しみ続けていたと思うから。


もうほんとに助かった。


神さま、ありがとう。
男の子、ありがとう。
当時の私、ありがとう。


~  ~  ~


天使と悪魔が、内紛を始めたとき、

あとで「ありがとう」が言えるほうを

いつも選べているわけじゃないです。

「言わなきゃよかった」も

たくさんあるんです(>_<)


そういう失敗も含めて、
やはり良心を育てたり、守ったりして
生きていきたいなあと思うのでした。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

ではまた~

【幸せに働き生きるヒント 】すべての動画はこちら。

664.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0