ワクチン接種1回目の記録



こんにちは。

本日2021年7月27日、
ワクチン接種1回目に行ってきました。

初めての体験なので美貌録です。

… あ、書き間違えちゃった(愉快犯)

備忘録です (*´艸`*)


私が行った会場は、
予約時間になるまで外で待つんです。

その案内板を持って立っている係の女性は、
退屈な仕事だろうに、笑顔でえらかったです。

係の人も、待つ人も、
これからもっと気温が暑くなったら大変だな☀


待っている間に一枚
B823F9C4-AC17-438A-A1CE-31E514578C61.JPG



時間になりました。
会場に入ります。

① 手を消毒して、体温を測り、
  「接種」ってカードを首から下げる。
 (首輪みたいで私はホントはこれイヤ(≧∀≦))

② 紙ベースで名前をチェック

③ 受付で、持参した予診票のチェック

④ 接種前に問診を受ける
 (笑顔の若い女性の先生でした)

⑤ 接種。
  利き手じゃないほうの左腕を出し、
  アルコール消毒をして、
  一瞬、チクッとして終了。
 (爽やかな若い女性の先生でした)

(早っ) ← 私の心の声。


⑥ 経過観察の部屋へ。
  15分間、様子を見ます。
 (元気な男性が案内してくれました)

⑦  最後に窓口で予診票を渡し、
  接種券のシール1回目を貼る。
  首輪を戻す。

⑧ 問題なく、会場を後にしました。
  経過観察以外は、待ち時間ほぼゼロ。
  滞りなく進んだのは、いろいろな係の方が
  しっかり仕事をしてくださったお陰です。
  ありがとうございます.。*☆+.*.。☆゚+..。


接種が秒で終わったので、
針を刺しただけなんじゃないかってくらいでしたが、
押すと痛いので、接種してくれたことが分かります。
(上手すぎて、疑ってすみません(笑))

あと、手を少しでも上に上げようとすると、
ズキンと痛いです。

「若い人ほど痛い」と聞きました。

ああ痛い、痛い

~  ~  ~

接種の帰りに、東京の感染者数が
過去最多の2848人を数えたと知りました。


でも、東京人の一人である私としては、
ほんと?って感じです。周りにいないんですよ。

あと、緊急事態宣言とか、
ほんともう慣れちゃってます。
政府や知事が何を言っても「ふ~ん」って。

例えば私なら、お勤めしていないので、
通勤しない、あまり人と会わない、
めったに人と食事しない、
やたら手洗いする、
そういう生活が続いていて、
これ以上、どうがんばるの?って感じです。

通勤している人だって、
通勤は必要なことだし、
マスクしているし、除菌しているし、
ほとんどの人は飲み会も我慢していて、
同じように、これ以上、どうがんばるの?だと思います。


ほとんどの人はそう思うんじゃないでしょうか。


日ごとから対策している人にとっては、
これ以上、やりようもないけど、
どなたさまも、
自分にできる感染防止策を
地道にやっていきましょうね。


帰りは電車に乗らず、歩いて帰ってきました。
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


664.jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0