どこかの国のお話


長年、企業取材をしていると、

こうなったら → こうなる、

という流れが見えたりします。



お客さんにはいい顔をするのに、
社員には厳しい
   ↓

会社に対する社員の不満が上がる
会社に対する社員の信頼は下がる
   ↓

会社自体のパワーを落としてしまう
   ↓

忙しいときはその状態が分からない
   ↓

一段落したときに気付く
   ↓

気付いたときには悪化していて
元に戻すのはかなり難しい



企業取材をしていなくても
容易に想像がつく流れでしたね。


この話、もうお気づきでしょう。
会社というよりも
どこかの国の話みたいだな、と。


~ 夕暮れ散歩の一枚 ~
IMG_6521.jpg



ただ、これまでに取材させて
いただいているいい会社は、
かなり悪化した状態から立ち上がり、
他社からの見学が絶えないような
素晴らしい状態に改善されています。

だから挽回は可能です!


けれども、挽回の条件は、
優れたリーダーがいるということです。

しがらみに染まらず
言うべきNOを言い
目的を見失わず
人間愛を持って
勇気を持って
何度でも伝え続ける
何度でも立ち上がる

苦難からのぼって来たいい会社には
そんな優れたリーダーがいます。

いい会社には、います。いい会社には。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。



IMG_6370.jpg