「よわいはつよいプロジェクト」の存在を知りました


こんにちは。

今日は先ごろ知った、

よわいはつよいプロジェクトを紹介します。

スクリーンショット 2021-08-10 095607.png



日本ラグビーフットボール協会選手会が
昨年、2020年夏に立ち上げたそうです。


今年6月に、大阪なおみさんが
うつを公表したのは記憶に新しいところ。


最も強そうな人たちが弱みを見せるって、
とても勇気がいるでしょうし、
だからこそ、人に勇気を与える意義も
大きいと感じます。


以前、ホワイト企業大賞で学びに行った、

精神障害などを抱える方々の活動拠点
べてるの家」(北海道・浦河町)は、

「弱さの情報公開」を理念の一つとしていました。

「弱さには人と人をつなげ、
 謙虚さと新しい可能性を生み出す力がある」と。

※そのときのblogはこちら



弱さを隠さなくていい、
心理的に安全でいられる環境は、
幸せに働き生きるために
欠かせないものではないでしょうか。



イラストは、よわいはつよいプロジェクトHPより
スクリーンショット 2021-08-10 095641.png



よわいはつよいプロジェクトの代表
川村慎さん(ラグビー選手)の言葉。

「アスリートのイメージは、
『強く、勇猛果敢で、心身ともに健康』(略)
といったものが多く、
こうしたイメージそのものに
疲弊してしまう選手は少なくありません(略)

『こうでなければならない』
というプレッシャーが存在することは、

アスリートであろうと
それ以外の人であろうと
心の負担になりやすいでしょう。

こうした現状を変えていくためにも
スポーツ界及びアスリートから
発信する意義は大いにあると考えています」



日本全国、たくさんの企業取材をしてきた私も
思います。「泣ける組織は強い」と。

それは甘やかしでもなければ、
努力しないことを容認する意味でもありません。

辛いこと、悲しいこと、うれしいことを、
誤魔化さずに共有できる、
つまり信頼し合っている、
力を出し合える組織だということなのです。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

ではまた~ 🍉


YouTube【幸せに働き生きるヒント】動画リストはこちら

仕事に感情を持ち込もうこちら(動画が流れます)。
7.png


8.png