「ディスられる」と「ナスられる」の違い



こんにちは。

おほん。え~、今日はですね、
大切なことをお話ししまので、
覚えておいていただければ幸いです。


誰かに否定される・侮辱されることを
「ディスられる」と言いますよね。

agree(同意)にdisが付くと、

disagree(同意しない)になるように、

dis には反対(否定)の役割があります。


disappearは(消える)

disappoint(がっかりする)

とか、たくさん使われます。


そして最近、新しいものが出現しました。


それが、「ナスられる」です。

詳しく見ていきましょう。


こちら、仕事でSWOT分析を作っていたら、

突如、出現した「マイ🍆」です。

確か…、2カ月前のことでした。

マイ🍆.jfif



しばらくは落ち着いていたのですが、

昨日、また突然、ナスられたのです。


「~と見🍆」


見🍆.jpg



「🍆すべもない」

🍆すべ.jpg



そんな変換は覚えさせていません。

ナスよ、なぜ、私の原稿をナスるのか?




ただ、思い当たることがあります。

「マイ🍆」「見🍆」「🍆すべもない」

どれも、わりとシリアスな言葉なんです。


そんな原稿を書いている最中に、

「🍆すべもない」とか出てくると、

本文と🍆のギャップがありすぎて、

ゲラゲラ笑うしかないわけです。


ナスは、「力を抜いて~」と

言いたいのかもしれません。



・・・ ま、PCが不調なだけだけど(≧∀≦*)



いつ、あなたのPCもナスられるか分かりません。

ディスられるのも嫌ですが、

ナスられるのも困ります。


心の準備はできていますか?

そのときは委ねてしまいましょう。

「🍆がままに」。



12月発刊の『女将さんのこころ③』連日、執筆中!
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした~。

また明日~



こちら心理的安全性の動画はこちら。
8.png


すべての動画リストはこちら。
IMG_6690.jpg