8月16日から始まる新しい戦争


こんにちは。

今日は8月16日、
76回目の終戦日の翌日です。


wr755450uohgt.jpg



今、カレンダーを見て、ふと、
当時は今日から新しい戦争
始まったんだな…と思いました。

市井の人々にとってそれは、
食べ物の戦争であり、
悲しみと向き合う戦争でもあります。

戦場でも、戦いで亡くなった人より、
餓死された人のほうが多いそうです。

日本国内でも、食糧不足が極まり、
餓死で亡くなる人が
とても多かったんですよね。

食べ物が毎日捨てられる現代、
これを忘れてはいけないな…。



そして悲しみとの戦いについては、
忘れられない場面があります。
2008年の夏に見たドキュメンタリー番組です。


婚約者が戦地で亡くなった女性。
その後、ほかの男性と結婚し、
今ではお孫さんもいたと思います。

高齢になった女性は、
かつての婚約者の家を63年ぶりに訪問し、
戦地で来ていた軍服を見せてもらうんです。

家の人は気遣って部屋を出、
女性は一人、軍服と向き合います。

そして、愛しそうに軍服をなで、
居ても立っても居られないというように、
両手に抱えてぎゅっと顔をうずめました。

その軍服を通して、嗚咽がもれ聞こえました。

~  ~  ~


この場面がずっと忘れられません。

13年前の番組で、

すでに戦争から63年経っていました。

女性はあれから結婚して子供ができ、
孫もでき、すっかり高齢になられていました。

63年もの長い年月を生きて、
それでも、
婚約者を失った悲しみは癒えなかった。

ずっと婚約者の陰と一緒に、
生きて来られたのではないかと感じました。

軍服に顔をうずめたあの場面は、
戦争の痛ましさを象徴する一つと思います。
思い出すたびに泣いてしまいます。


毎年8月15日以降はあまり思い出すことは
なかったのですが、違うなと。
ここから起こった出来事もたくさんあることを
思い出す必要があるな、と感じました。

とっても辛いけど、大切ですよね…。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。



IMG_6737.jpg