成功の可能性が1%しかなくても、459回挑戦すれば99%になる


こんにちは。
昨日は猛暑の中、移動、移動で、疲れてしまいました。
(ブログを書かなかった言い訳)


ずっと前に当ブログで書きましたが、
最近、ふと思い出した言葉を
今日はご紹介します。


「成功の可能性が1%しかなくても、

2回やれば成功率は1.99%

50回なら39.5%

100回やれば63.4%

459回挑戦すれば99%になるんです」


世界初のミドリムシの
大量培養に成功するまで1000回以上失敗。

499社に取り引きを断わられても
諦めなかったユーグレナ出雲充さんから、

8年前の取材で聞きました。


~  ~  ~


今回は算数やります。

最初、
1%の成功率ということは、
99%の失敗確率になります。


で、2回目のチャレンジでは、

失敗確率は、99%×99%=98.01%

つまり成功確率は100-98.01=1.99%

1回目に比べて約2倍になりましたね。



3回目のチャレンジでは、

失敗確率は、98.01%×99%=97.0299%

成功確率は、100-97.0299=2.9701%

2回目に比べて約1.5倍になりました。



4回目のチャレンジでは、

失敗確率は、97.0299%×99%=96.0596%

成功確率は、100-96.0596=3.9404%


というように、少しずつ成功確率が高まるわけです。


~  ~  ~


ところがユーグレナの出雲さんは、

大量培養に1000回失敗し、

ついに成功しても、499社に取引を断られた。


培養も、取引先を探す営業も、

99%の成功確率になる459回を

とっくに超えちゃってます。


研究の大変さはもちろんのこと、

世界で初めて素晴らしい栄養のある

ミドリムシの大量培養に成功したのに、

499社が取引を断るって…、

かなり凹む状況じゃないかと思います。

それでも諦めなかったことに感服です。



ちなみに、取引しましょうと言ってくれた

一社目は伊藤忠商事だそうです。

先見の明があるとはこのことですね。

有名商社が手を組んでくれたお陰で、

ほかの会社が安心して取引してくれるように

なった面はすごーく大きいと思います。


~  ~  ~


私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、
うまく行かない方法を見つけただけだ。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、
常にもう一回だけ試してみることだ。


これは両方、エジソンの言葉です。

そうなんだけど、これができない。

諦めなければできる、という保証もない。



それでもやり続けるってーー
「狂気」なんだろうな。


人を傷つける狂気ではなく、
情熱の上をいくような、
いい意味での「狂気」です。

先日のホワイトアカデミーで
西精工の西さんが言っていた
「狂気」がやはりここでも浮かんできます。
そのときのblogはこちら。


こういう狂気が持てたら、幸せですよね。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


YouTube【幸せに働き生きるヒント】こちらです。
執筆でひと月お休みしているのに登録者さんが増えて嬉しいです♡
698.jpg