善行は一人でやろう



こんばんは~。
最近、いろいろ多忙になってまして、
ブログがちょっと不定期になるかもしれません。
ならないかもしれませんけれども(*´艸`*)



マザーテレサのドキュメント映画の中に、

こういう場面があります。


マザーの活動に感動した男性が、

「皆に寄付を募ります」とマザーに言うんです。


するとマザーは、

「やめてください」と即答します。

寄付を募るのは
どうやら禁止されているみたいなのと、


そしてこう言うんです。

「あなたが一人でやってください。
 
そのほうがあなたが嫌な思いをしませんから」


私はこの考え、とっても大事と思います。


困っている人を救うような善行って、

誰かに声を掛けたくなると思うんです。


でも、それが押し付けになることが

結構あるんですよね。


・心の温度差が違う
・時間のゆとりも違う
・経済的なゆとりも違う
・興味の在り方も違う
・価値観も違う


人はいろいろ違うので、

食事や映画に誘うときは人を選ぶのに、

善行のときはそれが免罪符になって、

「寄付してください」

と、誰かれかまわず言ってしまう。



私の経験で言うと、
ある日突然、普段、何のコンタクトもない方から

「寄付のお知らせをシェアしてください!」

とダイレクトにメッセージが来ることもあり、
びっくりさせられたりします。


人の振り見て我が振り直せで、
私も気を付けようと思ったりしてます。


~  ~  ~


ところで、いい会社の経営者って、

いい会社にするための善行を

一人で始める人が圧倒的に多いです。

一番多いのは掃除です。


最初から「一緒にやろう」って言わない。

まずは自分一人でやって、

後から人が増えていくんです。



善行って、周りもわかっているから、

押し付けられるとかえって嫌がられて

逆効果なのだろうな~と思います。


それは、寄付と同じで、

人から押し付けられた寄付を断るときは
お金は出て行かないけど、
なんだか嫌な思いをしなければならない。

自分から希望して寄付したときは
お金は出て行くのに、
なんだかいい気分になれる。


それは「私が自分で選んだ」からでしょう。


なので、会社経営であっても
「自分で選ぶ人」の出現を
待つ必要があるんですね。


気の長い話だけど、
一人で始める善行のほうが、
きっと続くし、
結局、仲間もできやすい。
そんな気がするのです。


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。

そしたらまた~


YouTube【幸せに働き生きるヒント】
善行ではないですが、一人でやってまーす♪
IMG_7445.jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)