「他者の目が入る大切さ」 ~劣等感を与えないために~


こんにちは。

今日のテーマは、こちら。

「他者の目が入る大切さ」

~劣等感を与えないために~



いま、新刊『女将さんのこころ3』

着々と進行しているところです。

初校(本の体裁になった原稿を初めて校正すること)
はすでに終わっていて、
印刷所の方が修正をしてくれている最中です。

で、先日の打ち合わせのときに
初校を詠まれた印刷会社「きかんし」さんの担当者が

「読めない漢字があります」
おっしゃっていたので、

「それ、全部、教えてほしいです」
と、お願いしてありました。


その返事を今日いただいたのですが、

「吐露」(とろ)
「躊躇」(ちゅうちょ)
「小上がり」(こあがり)

などなど20個くらいあって、
そうか~と気づけて、
とっても助かりました!

初校の際に、
私もルビ(ふりがな)を
かなり振ったはずでしたが、
他の人の目にはまだまだ足りなかった。


ほかには、
「秋保温泉」なんかも、読めないと。
言われてみれば、
私も最初は読めませんでした。
「あきう」です。


私は特段、漢字に強いわけではないのですが、

PCで打ち込んでいると、漢字が出て来ちゃうし、

すると読めちゃうんですよね。

あぶなかったわ。


~  ~  ~



私が普段、気を付けていることの中に、

「相手に劣等感を抱かせないようにする」

というのがあるんですけど、

今回みたいに、鼻が効かないことがあります。

やたらルビを振ってしまうと、

馬鹿にしていると受け取られても困るし、

悩ましいところだったんですが、

そういう思いも含めて、

盲点に気づかせくれて助かりました。



読めない漢字がいくつも出てくる本って

なんか…、疲れますもんね。

それをまぬがれて安堵してます。


~  ~  ~


どんな場面でも
相手に劣等感を抱かせないようにしたいし、

逆の立場でも劣等感は抱きたくない。

他者の目が入ることによって

知らず知らずに与えていたかもしれない劣等感を

排除できてよかったな~と思いました。

感謝.。*☆+.*.。☆゚+..。*゚+


経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


YouTube【幸せに働き生きるヒント】
全体のラインナップはこちらです。
サムネ30回分.jpg


自分でも見直してます。
2000回突破。人間力の動画はこちら。
Solo Travel Hacks (57).png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0