2021年10月のおついたち ~人生草露の如し辛艱何ぞ 虞るるに足らん~



こんにちは。
2021年10月のおついたちです。

今月の言葉は、

「人生草露の如し
 辛艱何ぞ 虞るるに足らん」
(吉田松陰)


※ 読み方
草露(そうろ)
辛艱(しんかん)
虞るる(おそるる)


243708224_3859556327477441_1722142628308673021_n.jpg



人生は、草についた露のように
あっという間に終わってしまう。

辛いことや困難なことを
恐れている時間など
どうしてあろうか。

『五十七短古』より



松下村塾をおこし、
明治維新で重要な働きをする若者たちに
大きな影響を与えた松陰先生。

高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、久坂玄瑞
などなど数多くの門下生がいました。

こうした偉業を成し遂げながら、
なんと、29歳という
信じられない若さで亡くなった(幕府による死罪)
松陰先生。


人生は、草についた露のように
あっという間に終わってしまう。

辛いことや困難なことを
恐れている時間など
どうしてあろうか。


おっしゃるとおりです。


~  ~  ~


今月のおついたちは、台風の影響で大雨。
デニムも靴下も履き替えることになりました。

まさに草露みたいなものですが、
直撃の地域の方は
どうぞご安全にお過ごしください。


都内もいまはさらに激しい雨に。
私は夕方の打ち合わせを来週に延期しました。
緊急ではないし、オンライン会議もあるご時世。
「強風と大雨の中、わざわざ出ることもないですね」
と、先方も同じ考え方。

ことの内容に寄りますが、
はってでも行きます!って時代は終わりです。


今月もすべての人によい月でありますように✨
.。*☆+.*.。☆゚+..。*゚+

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。


透過.png
【幸せ働き生きるヒント】こちらです。
743.jpg