自己実現的な人の15の特性


こんにちは!
経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子です。

透過.png
【幸せに働き生きるヒント 68th】
アップしました。こちら。
68.png 


 心理学者マズローが研究した
「自己実現的な人の15の特性」を紹介しています。

いくつ当てはまりますか?(^^)/


マズローの考えが好き過ぎて、
気付けば動画3部作になりました!


1回目はこちら
欲求5段階説は6段階あった!?」
66 マズロー.png


2回目はこちら
「自己実現に達した人の14の価値リスト」
67 価値リスト14.png

ぜひご覧ください。


~  ~  ~

ここからは、動画のおまけブログです♪


マズローのおいたち

心理学者アブラハム・マズローは、
ニューヨーク州で生まれ育ちました。
名前からわかるようにユダヤ人です。

マズローはこんな言葉を残しています。

「私はおそろしく不幸な子どもだった。
 家庭はみじめで、母親はすさまじい人だった。
 私は友達もなく、図書館で本に埋もれて大きくなった。
 そんな子ども時代を送りながら、
 今、私が精神病でないのは不思議なくらいだ」


父のサミュエル・マズローは、
ロシアの都市キエフに住んでいました。
当時のキエフには、
多数のユダヤ人が住んでいたのです。

サミュエルは14歳で家を出て、
親戚のいるアメリカ・フィラデルフィアで
新しい生活を始めました。

アルバイトをしながら英語を学び、
2年後、別の親戚が住むニューヨークに移りました。

そこで樽の商売を始め、
従妹のローズと結婚します。


~  ~  ~


1908年4月1日、最初の子どもである
アブラハム・マズローが誕生しました。

ローズはさらに3人の息子と3人の娘を生みますが、
娘の一人は幼いうちに亡くなりました。

母ローズは迷信深い人で、
ささいなことも神の厳しい罰が当たるとして、
子どもたちをいましめました。

幼かったマズローは、さすがというか、
これに疑問を抱き、実験に変えていくのです。

例えば、
「窓からよじ登ったら大きくなれない」
と、母が迷信を言うと、

マズローはわざわざ窓からよじ登り、
自分の身長を計測して
本当に大きくなれないか、
実証実験したのです。

このようにしてマズローは、
宗教に対して不信感を持ち、
誇り高い無神論を発展させました。


~  ~  ~


マズローが子どものころは反ユダヤ主義が顕著で、
ブルックリンの居住区は危険がすぐ隣にありました。

それでもマズローは、家の中の緊張から逃げるように
数ブロック先の図書館に通いました。

小学校でも、教師の中に反ユダヤ感情が根強く、
マズローは教師からいじめられました。
生徒からも殴る蹴るをされました。

しかしマズローには、いじめの苦痛よりも、
知的好奇心が満たされる喜びが勝りました。

以上、
マズローの生涯が書かれた
真実の人間』を参考に記しました。


~  ~  ~


幼いマズロー、若いマズローにとって、
もっと残酷な場面も書かれていて、

「今、私が精神病でないのは不思議なくらいだ」
と、後にマズローが書いたことにも
納得できてしまいます。


とんでもない体験をしてきたマズロー。

それなのに、
心理学は「病的」な側面ばかり研究するのはおかしい、
「健康的」な面から学べることを提供すべきだ、
と、ポジティブな側面を考えるマズローは
本当に素晴らしいと思います。


~  ~  ~

今の世の中も、ネガティブな情報が多く入ってきます。

それも現実だし、
それも重要なものだったりします。
わかってます。

が!


世の中はネガティブな事象だけで
成り立っているのではありません。

ポジティブな事象がそこここにあります。
希望があります。
笑顔があります。
優しさがあります。
人は変われます。
環境も変えられます。

やはり私はそういう面をちゃんと見ていきたい。
ネガティブな情報や、不安をあおるほうが、
視聴回数が増やせたりするかもしれないけど、
そこには流されず、
自分がいいと思うことを伝えていきます。


マズローからこれからも学んでいきます♪

経営ジャーナリスト・中小企業診断士の
瀬戸川礼子でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0